10423338_660480230700709_58030714_n.jpg


心理学・心理療法お勧め本 一覧


今回の記事は『うつ病の力動的精神療法』という本の紹介です。

力動的精神療法とは精神分析の別名

まず力動的精神療法とは、典型的には精神分析のことを指します。
精神分析では、創始者のフロイトが人間の心を、互いに相矛盾するニーズを持った様々な力が衝突し合っているとの仮説を打ち立てたため、その有様が精神力動と呼ばれ、その仮説に基づく精神療法が力動的精神療法と言われることがあります。

うつ病の精神分析的な治療が適したケースは決して多くない

次に精神分析の、うつ病その他の気分障害への適用の可能性についてですが、本書のはじめの方にも書かれていますように、フロイトの流れを受け継ぐ伝統的な精神分析の治療構造に厳密に従うタイプの手法を用いた場合、効果が期待できるのは、私が以前に病体水準の記事で述べた神経症水準の人のみが該当することになります。

具体的には症状の緩和だけではなく、自己内省にも関心を示し、かつそれを可能とする自分を客観視する能力を有し、さらには治療同盟と呼ばれる治療者との間の良好な人間関係を比較的速やかに形成できるコミュニケーションスキルを有するなど、とても健康的に思えるような人です。

このため伝統的な精神分析の手法が適用可能となる気分障害は、やはり同書にも書かれているように比較的軽症の人、典型的にはDSM-5の特定の診断基準を満たすまでには至らず「抑うつ状態」「抑うつ傾向が見られる」などの診断が下されるケースのようです。

日本では、うつ病への対処の主流は薬物療法

また日本では、うつ病や抑うつ状態にある人に対するサポートの第一選択肢は、病院の精神科や心療内科における薬物療法であり、私のような心理療法家の元を訪れる人は、その薬物療法でも改善が見られなかったような重症域の人というのが典型的なケースです。

その意味でも、少なくても日本では心理療法家が同書で提唱されている技法を活用する機会は非常に限られてくると考えられます。

うつ病の自己愛的な側面に触れた貴重な本

それでも私がこの本を紹介した理由の一つは、同書がうつ病その他の気分障害の自己愛的な側面に触れた数少ない本であるためです。

自己愛型の抑うつ症状は現代型うつ病、あるいは非定型うつなどと呼ばれ、従来型のうつとは区別されるのが一般的です。
そして従来型のうつに罹りやすい人は、真面目すぎるためにストレスを溜め込む傾向が強く、また人目を気にしやすく罪悪感が強い傾向があるとの説明をよく見聞きします。

ですが私が相談を受けたうつ病の方には、あくまで見立てではありますが、いずれも自己愛的な傾向が見受けられました。

例えば常に良い行い、正しい行いをしなければいけないと思っている人がいたとします。
しかしその理由が他人から良い人と思われたいからであったり、あるいは他人からの批判を恐れてのことであったとすれば、その人を突き動かしているのは罪の意識ではなく恥の感覚です。

また自己愛講座1にも書きましたように、自己愛的な人の定義は、他者からの肯定的な評価により自尊心を維持することに常に心を奪われているような人ですので、過度に人目が気になるのは自己愛的な人の特徴と言えます。

同書では抑うつ状態に陥りやすい人の特徴の一つして自己愛の傷つきやすさを想定し、その説明に2章を割いています。
うつ病の解説書の中で、うつ病の自己愛的な側面についてここまで詳しく論じているのは、私が知る限りこの本だけです。

次回は同書のもう一つの特徴について掲載する予定です。

フレドリック・N. ブッシュ、セオドア シャピロ、マリー・ラデン著『うつ病の力動的精神療法』金剛出版

『うつ病の力動的精神療法』


ダン・ニューハース著『不幸にする親 人生を奪われる子供』

今回は前回の記事「共生期状態の母親は娘を気持ちの面では赤ちゃんのようにケアが必要な、か弱い存在と錯覚している~NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」より」の最後で触れた、機能不全親子の現象理解に役立つ本の紹介です。

ダン・ニューハース著『不幸にする親』~毒親・毒母という言葉を広めた『毒になる親』の続編

今回紹介する本はダン・ニューハース著『不幸にする親』です。
著者名にご記憶がある方もいらっしゃると思います。毒親・毒母という言葉を世に広めるきっかけとなった『毒になる親』の著者です。
『不幸にする親』はその『毒になる親』の続編にあたるものです。

不健康で有害な親による子どものコントロールの有様を広範囲にカバーした本

『不幸にする親』には、不健康で有害な親による子どものコントロールの有様が非常に広範囲に網羅されています。
ですから『不幸にする親』は親子それぞれに次のような利点をもたらすことが期待できると考えられます。

子どもが『不幸にする親』を読むことの利点~自分自身の人生があることを知り、それを歩み始める

まず子どもが『不幸にする親』を読むことの利点は、本書に掲載されている親による様々なコントロールの仕方を知ることで、典型的にはこれまで親の期待の応えられない自分を責め続けていた人が、そのような親子関係はとても不健康なものであり、人には自分自身の人生を生きる権利があると知ることができることです。
それを自覚することで親から精神的に自律し、自分自身の人生を生き始めるきっかけとなるでしょう。

ただしそのためには先ず生き方を模索することから始めなければならず、多くの困難が待ち受けていることを忘れてはなりません。
今の親子関係が有害だと分かったから、もうそれで解決ということでは全然ないのです。

幸い『不幸にする親』には、そのための処方箋も幾つか掲載されていますので、試してみると良いと思います。

親が『不幸にする親』を読むことの利点~親自身も子どもから自律し自分自身の人生を生き始める

対して親が『不幸にする親』を読むことの利点は、これも典型的にはこれまで子どものためを思って行ってきたことの多くが、実は自分の都合に合わせるために子どもを巧妙にコントロールする試みだったと知ることです。

またそれと同時に、子どもには子ども自身の人生があり、それを生きる正当な権利があることを知ることになります。
言葉を変えれば、たとえどんなに心配でも親には子どもが自分自身の人生を生きることを支持するスタンスが必要であり、少なくても自分の心を満たすための道具ではないことを知ることになります。

そしてこれらを知ることによって、親自身も子どもから精神的に自律し自分自身の人生を生き始めるきっかけとなります。
しかしながら親も先ずは生き方を模索することから始めなければならないことは、子どもと変わりありません。

私自身が感じる『不幸にする親』の問題点

最後に『不幸にする親』の内容は全面的に賛同できるものではないことから、私自身が感じる問題点も併記致します。

機能不全親子の原因を親のみに求め、子どもの気質が考慮されていない

『不幸にする親』を読んで感じる最も大きな問題点は、機能不全親子の原因を親のみに求め、子どもの気質(生まれ持った性格傾向)が少しも考慮されていないことです。

『不幸にする親』の序章には「これは親バッシングではない」との項目があります。
しかし不健康な親子関係の原因として親のみについて考察し、子どもの気質を一切取り上げなければ、結果的に不健康な親子関係の原因は親のみにあるとの印象を与えることになってしまいます。
そうして毒親・毒母という言葉と共に、子どもにとって害にしかならない(母)親という極端なイメージが広まってしまったのではないでしょうか。

私には『不幸にする親』のスタンスは、臨床の世界では半ば常識となっていると考えられる「人間の性格=気質と環境の相互作用」との視点が抜け落ちているように思えます。

コントロールという概念が与える親の実像への誤解

『不幸にする親』を読んで感じたもう一つの大きな問題点は、本書が不健康な親子関係の有様を、一貫して親による子どものコントロールという視点で捉えていることです。
これは心理職の側から見れば確かにそのように見えることが多いのですが、当の親自身にはその自覚がないことがほとんどです。

そのため、その無自覚な行為が一貫してコントロールという概念で説明されていることで、あたかも親が子どもを意図的にコントロールしようとしているとの印象を与えかねず、これが毒親・毒母という言葉と相まって、いかにも支配的な(母)親像を生み出してしまっているように思えます。
ですが詳しくは別の機会に述べますが、実際に本書に該当するような親のほとんどは、むしろ非常に強い対人恐怖症的な症状を有しています。

しかし多少バランスを欠いているとはいえ、それまで「親なら当然の行為」として問題視されることさえなかった数々の不健康な行いを専門家の視点から白日の下に晒し、さらには世に広めたニューハース氏の功績は絶大です。
マーティングの世界の格言を援用すれば、どんなに優れたものでも世に知られなければ、それは事実上存在しないに等しいからです。

次回は今回の記事の(子育て)環境の影響のみを重視した考え方について、さらに掘り下げる予定です。
実はこの流れを作った張本人の一人は、私がたびたび記事に理論を援用しているハインツ・コフートだと言われています。

紹介文献

ダン・ニューハース著『不幸にする親 人生を奪われる子供』講談社+α文庫


以前に夢日記のブログに「個人の心理を重視するあまり、社会学的な分野の研究を疎かにして来た@夢日記」という記事を書きました。
その記事の最後で触れた「家にある、社会学を理解するための基本となる考え方を解説した本」が今回紹介する『社会学になにができるか』と言う本です。

社会学の主要な分野(理論)の魅力を分かりやすく紹介した本

『社会学になにができるか』は各々の学者が、社会学の主要な分野(理論)の魅力を分かりやすく紹介した本です。
取り上げられているのは自我論・儀礼論・会話分析・ジェンダー論・権力論・歴史社会学・文化装置論・世界社会論の8つです。
中でも一番の印象に残ったのはジェンダー論でした。

ジェンダー論への私自身の誤解

これまで私はジェンダー論とは、性差(男女の区別)自体は生物学などの科学に基づく客観的な事実だとしても、それを根拠に性役割と呼ばれる、世の中に蔓延する「男らしさ」「女らしさ」という価値観や、さまざまに男女を区別もしくは差別する事柄の中には根拠が乏しいものが多いことを問題視する学問だと思っていました。

しかし本書の「ジェンダー論」の章では、そのことのみならず、そもそも性役割の根拠とされる性差自体が客観的な事実と言えるほど確固としたものではなく、その点までをも含めて批判的な検討が加えられていました。

性差は普遍的な要素ではなく近代以降に確立された恣意的な概念に過ぎない

具体的には古代ギリシャなどを例に、今日では同性愛とみなされるような行為が頻繁に行われていたにもかかわらず、当時の人はそれを同性愛とは認識していなかった。
それどころか男女の区別すら今日ほどハッキリとは認識されておらず、現在の私たちが動かしがたい事実と信じる性差は近代以降に確立された恣意的な概念に過ぎないことが述べられています。
つまり男女の差は人類が誕生した瞬間から意識されていたわけではないということです。

異性愛を正常とみなす根拠も同じく近代以降に確立された恣意的な概念に過ぎない

また古代ギリシャ以外の地域や時代に行われていた様々な形の性行為からは「性行為=生殖」とは1つの目的に過ぎず、時代を遡るほどそれは宗教的あるいは儀式としての意味合いが強くなり、したがって異性愛に基づく性行為を正常あるいは自然な行いとみなし、それ以外の性行為や恋愛のかたちをすべて不自然なものとみなす価値観も、性差と同じく近代以降に確立された恣意的な概念に基づいたものに過ぎないことが述べられています。

異性愛とは本能的なものではなく後天的に学習されたものかもしれない

以上のような内容を読み終えて私が感じたのは、これまで感じてきた異性に対する恋愛感情というものが生まれながらに備わったものではなく、もしかしたらその自覚がないだけで世の中に広く深く浸透する性に関する様々な価値観の影響を受けて備わったもの、つまり後天的に学習されたものである可能性があるのではないかということです。

それほど本書のジェンダー論の章の内容は私には衝撃的でした。

紹介文献

奥村隆編集『社会学になにができるか』八千代出版

※リンク先のマーケットプレイスで、かなり安く手に入るようです。

奥村隆編集『社会学になにができるか』

このページの上部へ

カウンセラー プロフィール

田尻健二
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のエントリー

  1. 自己愛的な人が感情を持たない冷酷な人間との印象を与えるのは誇大モードにある時だけ〜自己愛講座37
  2. 共依存的な関係にあるDVの被害者のニーズの1つは「加害者を変えたい」というもの
  3. 共依存的なDVの被害者は、関係を断つためには加害者の許可が必要と考えている人が多い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』を例に
  4. 弁証法的行動療法におけるマインドフルネスと、一般に広まるリフレッシュ法としてのマインドフルネスとの比較
  5. 私説:リハネンが開発した弁証法的行動療法におけるマインドフルネスの技法と効果
  6. サイコパス(反社会性パーソナリティ)と自己愛性パーソナリティの共通点と相違点
  7. 境界性パーソナリティの人の、周囲の評価を二分する傾向〜ドラマ『きみが心に棲みついた』と私の実体験を例に
  8. 境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴の違い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に
  9. 境界性パーソナリティの「見捨てられ不安」の特徴〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に、自己愛性パーソナリティと比較
  10. スプリッティングは衝動的な行動や絶対服従的な態度を誘発してしまう〜『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に

全ての記事一覧を見る

カテゴリ




このHPとは異なる情報をFBページにも投稿しておりますので、こちらもフォローしていただけますと嬉しいです↓

最近のピクチャ

  • マーシャ・M. リネハン著『弁証法的行動療法実践マニュアル』