10423338_660480230700709_58030714_n.jpg


ユング心理学(分析心理学) 一覧


今回はユングのタイプ論を取り上げてみたいと思います。
ユング心理学は若い頃はかなり傾倒しましたがカウンセリングの仕事をするようになってからは、むしろ距離を置くようになりました。
その理由はしばしば指摘されますように心理臨床への活用が難しいためです。

ですが改めて振り返ってみますとタイプ論に関してはシンプルでありながらけっこう的を得ているように思え、それで一度取り上げることにしました。
ですが現代人の心により適合するように、私なりに修正をを加えてあります点をご了承いただけますでしょうか。

人間の性格タイプを4つの機能から考察したユング

ユングのタイプ論(一部修正)

ユング心理学に馴染みのある方でしたら、上のような図をご覧になったことがあると思います。
ただし後述しますように、ユングのオリジナルから2ヶ所修正を加えています。

ユングは人間の心理的な機能を思考・感情・感覚・直観に大別し、人それぞれで各機能の活用の程度が異なると考えました。
ここで思考と感情、感覚と直観とが対概念になっているところがユニークな点です。

タイプ論の修正点1~意識・無意識の領域を「傾向」へと変更

各機能の詳しい説明に入る前に、修正点を明らかにしておきます。

ユングのタイプ論ではフロイトと同じく心の領域を意識と無意識とに分け、それを機能にも当てはめていました。
しかしこの分け方ですと、この図のように思考が主機能として機能している人は感情が無意識に追いやられる、つまり感情をまったく感じることができないという非常に極端な状態となってしまいます。

確かに感情を知覚することが苦手な人はいますが、そのような人でも感情まったく感じることができないケースはごく稀です。
ですから実情に添うように意識的・無意識的と「的」をつけて、傾向を表すものであるように修正しました。

タイプ論の修正点2~感情と直観を逆に

2つ目は修正と言うほどのものではありませんが、オリジナルの図の感情と直観の位置を入れ替えました。
もっとも多く活用するのが思考で、その次が直観ではなく感覚というのが現代人の典型的な心のパターンであると考えられるためです。

思考優位にならざるを得ない現代社会

修正点の説明を終えましたので、ここから本題です。
なお大部になりますので今回は思考と感情についてのみ触れます。

科学的・合理的思考が重視され、かつ特にビジネスや公の場では感情を顕わにすることが忌み嫌われる傾向にある現代社会において、このような社会に適応しようと思えば必然的に思考優位の状態にならざるを得ないと思われます。
(ですからタイプ論の概念は、ユング自身の考えは別にあるかもしれないとしても、私自身は気質と呼ばれる生まれ持った性格傾向ではなく、その後の環境の影響を受けて形成される、ある程度歳を重ねた状態の心の状態を表すのに適した概念ではないかと考えています)

判断や評価には思考だけでなく「感情」の機能も必要とされる

ここで思考と感情とが対概念になっているのは、例えば極度の興奮状態など感情に圧倒されている状態では物事を冷静に考えるのは困難であることを考えると納得がいきます。
それゆえ私たちは考え事をするときには感情を極力抑え、冷静になって考えを巡らせようと努力します。

ところがユングは、この対概念と矛盾するようなことを言っています。
それは物事の評価に感情の機能が欠かせないというものです。
評価という行為は思考の産物であるにも関わらず、それには感情の機能が欠かせないとユングは言っているのです。

しかしこの点についても人間関係のことを思い浮かべれば納得がいきます。
上述のように現代人には思考優位の傾向がありますが、世の中にはその傾向が極端に進み感情がまったく感じられないような人がいます。
そしてそのような人のことを「何を考えているのか、さっぱり分からない人」と感じます。

ですがこれは考えてみれば不思議なことで、分からないのは感情的なことのはずなのに「考えていること」の方を分からないと感じていることになります。
このことから普段意識していないだけで、実は私たちは思考内容に加えて感情的な情報を頼りに価値判断を行っているのではないかと考えられます。
ですから上述のユングの指摘は、とても的を得ていることになります。

だと致しますと、もしビジネスの世界などで求められる冷静な判断というものが、感情を切り離し合理的な思考のみによって行われているのだとすれば、その価値判断は本当に適切なものと言えるのか疑わしいことになって来ると思われます。
例えばその典型的なタイプと考えられる、ロボットのように無表情な人の考えに従った方が、いつも物事が上手く進むでしょうか。

次回はまず先に、タイプ論のもう一方の軸の感覚と直観について触れ、その次の機会に感情の大切さについて記事にする予定です。

ユングのタイプ論 参考文献

C.G. ユング著『タイプ論』みすず書房

『ユングのタイプ論―フォン・フランツによる劣等機能/ヒルマンによる感情機能』創元社

補足)ユング自身の著書はけっこう難しいので、弟子のフォン・フランツとヒルマンの解説書の方が分かりやすいです。


今晩のNHKEテレ「オトナへのトビラTV」のテーマは「どう思う?キャラの使い分け」
月曜日のRの法則「太宰治『人間失格』」で取り上げられていた「ありのままの自分を出せない」と対を成すようなテーマです。

キャラは社会と関わるために必要な機能

ちなみにキャラとは、ユング心理学ではペルソナ(仮面)と呼ばれる、他者に向けたよそ行きの顔を差しますが、これ自体は社会と関わるためにむしろ必要な機能です。
それが害となるのは、自分が何を感じているのか分からなくなってしまうほど過剰となった場合です。

キャラの多くは無意識に使っている

なお、ここでのキャラは意識して使い分けるものだけでなく、無意識に演じてしまうものも含みます。
むしろキャラの大部分は自分では意識していなくても、無意識に使っています。
それは後述しますように、自分の心がむき出しになってしまう危険から身を守るための心の作用によるものです。

キャラをまったく使えないと大変なことになる

キャラを演じすぎて本音をまったく出せないのは、それはそれで大変苦しいものですが、もっと大変なことになるのはキャラをまったく使えない、つまり表裏がまったくなく常に本音でしか生きられない状態です。

これだけ聞くと、とても純粋で素晴らしい人のように思えるかもしれませんが、とんでもありません。
この状態では隠し事ができないため、言わなくても良いような余計な事まで言ってしまいますので人間関係がこじれてしまいますし、また同様の理由から心の中が他人に筒抜けになってしまい秘密を隠し持つことができません。
いわゆる映画「サトラレ」のような状態です。

このような心の状態は、統合失調症をはじめとした精神病水準の病理の現象学的な考察の古典的名著とされるR・D・レインの「引き裂かれた自己」では「ガラスのような心」と形容されています。

それは他人から自分を守る術をまったく持たない、とても脆弱な心です。
この状態では上述のように、常に他人から心をすべて見透かされてしまう不安や恐怖に苛まれるため、人間関係がとても恐ろしいものとなってしまいます。

またその脆弱さゆえに他人や環境からの影響をダイレクトに受けてしまい、それに翻弄されてしまうため、皮肉なことに自分が何を感じているのかが、かえって分からなくなってしまいます。

キャラを適切に使えてこそ、本当の自分を維持できる

以上のようにキャラとは、適度に使われている限りは社会との関わりにおいて自分を守り、それによって心の内側に「本当の自分」を維持して行くためにむしろ欠かせない機能です。

よく精神病水準の方は人から「純粋無垢」な心を持った人のように思われますが、それは恐らくこの方々が秘密を持てないがためにまったく裏表がない印象を与えるからではないかと思われます。
しかしそれは同時にレインが「ガラスのような」と指摘したように、透明で何も存在しない、つまり中身を伴わない心です。
たとえ傍目には羨むほど純真に見えたとしても、ご本人は「空っぽで自分という感覚さえ定かでない」とても恐ろしい世界を生きていらっしゃいます。

隠し事を絶対に許さない子育てや教育は大変有害

最後にレインが描いたような心の状態は、絶対に秘密を持つことを許されないような環境で育つことがその一因となると指摘されています。
これは冒頭で述べましたように、キャラがよそ行きの顔を見せることで本当の自分を「隠し持つ」機能を有しているため、隠し事は絶対に許されない悪いことと教わることで、同じく自分を隠し持つキャラを使うことに対しても罪悪感を抱くようになってしまうからではないかと考えられます。

ですから親御さんには、お子さんに対して隠し事を絶対に許さないのではなく、むしろ秘密は少しくらいなら持って良いのだということを教えていただきたいと思います。

参考文献

R・D・レイン著「ひき裂かれた自己―分裂病と分裂病質の実存的研究」


ユングは実際の夢分析に当たっては「クライエントの個人的背景」を徹底的に重視する人でした。ましてや、いきなり元型で夢を解釈するようなことは決してしませんでした。

あくまで「個人」を重視するユングの夢分析:

ユング・コレクション『夢分析』(人文書院)。この本では、セミナーという形ではありますが、ユングの実際の夢分析の様子を知ることができます。

意外にもユングは夢分析に際して、まずはクライエントの個人的背景を探っています。しかも個人的意識・無意識のみならず、クライエントの家族のことまで取り上げるなど徹底しています。その上で、「必要があれば」最後に元型で解釈しています。
いきなり元型で夢を解釈するようなことは決してありません。

ユングと言えば元型(集合的無意識)ばかりがクローズアップされますが、治療に当たって重視したのは、むしろ個人的無意識(コンプレックス)であったようです。

私には、ユングは「優れた理論家」である前に、「優れた臨床医」であった気がしてなりません。

ユング・コレクション「夢分析」

このページの上部へ

カウンセラー プロフィール

田尻健二
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のエントリー

  1. 自己愛的な人が感情を持たない冷酷な人間との印象を与えるのは誇大モードにある時だけ〜自己愛講座37
  2. 共依存的な関係にあるDVの被害者のニーズの1つは「加害者を変えたい」というもの
  3. 共依存的なDVの被害者は、関係を断つためには加害者の許可が必要と考えている人が多い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』を例に
  4. 弁証法的行動療法におけるマインドフルネスと、一般に広まるリフレッシュ法としてのマインドフルネスとの比較
  5. 私説:リハネンが開発した弁証法的行動療法におけるマインドフルネスの技法と効果
  6. サイコパス(反社会性パーソナリティ)と自己愛性パーソナリティの共通点と相違点
  7. 境界性パーソナリティの人の、周囲の評価を二分する傾向〜ドラマ『きみが心に棲みついた』と私の実体験を例に
  8. 境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴の違い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に
  9. 境界性パーソナリティの「見捨てられ不安」の特徴〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に、自己愛性パーソナリティと比較
  10. スプリッティングは衝動的な行動や絶対服従的な態度を誘発してしまう〜『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に

全ての記事一覧を見る

カテゴリ




このHPとは異なる情報をFBページにも投稿しておりますので、こちらもフォローしていただけますと嬉しいです↓

最近のピクチャ

  • マーシャ・M. リネハン著『弁証法的行動療法実践マニュアル』