10423338_660480230700709_58030714_n.jpg


自己愛性人格障害・自己愛障害 一覧

今回は「健全なアイドルファンの心には必ず葛藤が存在する~自己愛講座23」の続編として、重症域の自己愛障害の人がファンであった場合の特徴について書かせていただきます。

ファンの逸脱行動の典型例~一方的な恋愛感情を抱きストーカー行為を繰り返す

今回のストーカー事件の容疑者もその一人ですが、お気に入りのアイドルに対して一方的な恋愛感情を抱きストーカー行為を繰り返すファンが少なからずいます。
そして、こうしたケースが重症域の自己愛障害の人が引き起こす問題行動の典型例と思われます。

同じ相手がその都度、聖母マリア様にも悪魔にも変化する

以前に「理想化-価値下げ」の防衛機制が自己愛的な症状を生み出す~自己愛講座8にも書きましたように、自己愛的な性格構造の人は人間関係において常に自分と他人を比較し、その優劣に心を奪われる傾向があります。
そしてこの傾向は重症化するにしたがって、その優劣の差がより極端な形を取るようになって行きます。

具体的には小見出しにもありますように、理想化されているときには自分のことを無条件に受け入れ望みを何でも叶えてくれる聖母マリア様のような優しい存在に思えるために過剰な期待を寄せ、その反対に価値下げされているときは微塵も存在価値のない、むしろ世の中の害にしかならない悪魔のような存在にまで貶められ、それゆえ殺したって構わないというように、同じ人の印象がその時々のその人の態度によって両極端に変化してしまいます。

ですから今回の事件の容疑者がこの水準の自己愛障害を患っていると考えれば、気に入ってくれると信じて疑わなかった腕時計などのプレゼントを送り返されれば、殺意が芽生えても不思議はないと思われます。
(但しプレゼントの返却は容疑者の希望であったそうですので矛盾していますが、その矛盾についての解釈は後述の「スプリッティング」の章で解説します)

さらにこの急変は、通常では考えられないほどの些細な相手の態度の変化によってもたらされる可能性があります。
そのため思いを寄せられている方は、ある時はベタ褒めされたり、あるいは頼みごとを懇願されたかと思えば、次の瞬間には徹底的にこき下ろされ、しかもその理由が思い当たらないためにすっかり混乱し、かつ終始その評価の激しい上下動に晒され続けるため、精神的にすっかり消耗してしまいます。

ですからこのような一貫性のない評価に晒され、それに翻弄される感覚を味わうようなら、たとえ犯罪にまで至らなかったとしても精神的に多大な損害を被ることになりますので要注意です。

スプリッティングが生じているため、話に一貫性が感じられなくなる

この水準の自己愛障害の人のもう一つの特徴は、話が支離滅裂で一貫性が感じられないことです。
冒頭のリンク先の記事には書かれていませんが、プレゼントを送り返したのは容疑者本人の要求に応じたものだったそうです。
だとすれば自分で要求したにも関わらず、送り返してきた理由を問い質し、その受け応えが要領を得なかったのでカッとなって殺そうと思ったというのは理にかないません。
ですから恐らく容疑者の心にはスプリッティングと呼ばれる防衛機制も働いているのではないかと考えられます。

スプリッティングとは、典型的には心の中が自分にとって好ましい部分と忌み嫌う部分とに真っ二つに分断され、一方が意識されているときには他方は意識から完全に排除されることから、この防衛機制が働くとすべてが好ましい楽園のような状態と、その対極のすべてが忌まわしい悪夢のような状態とを行ったり来たりするだけで、その中間のほど良い状態が存在しなくなってしまいます。
このため前節の聖母マリア様と悪魔という両極端の相手の印象の形成にも、このスプリッティングが関与していると考えられます。

ストレス耐性を著しく欠くため、衝動のコントロールが困難

また前述のスプリッティングは矛盾した状態から生じる葛藤がもたらすストレスに耐えられないことから生じると考えられています。

例えば今回のテーマに即して言えば、重症域の自己愛障害の人は、この世に完璧な人間などいないにも拘らず、上述の「理想化-価値下げ」の防衛機制の働きによって過剰な期待を抱きがちになるため、頻繁にその期待を裏切られることになります。
この場合でも健全な人であれば、どんな人にも好ましい点とそうではない点があり、それゆえ時には不快な思いをすることを渋々でも受け入れるのですが、重症域の自己愛障害の人は同じ人間が多様な面を見せる矛盾に耐えられないのです。

そのため、その矛盾を解消するために、相手が心地良い態度を示せば、それがその人のすべてと思い込み、それに矛盾することはすべて意識の外に締め出され、相手がその反対の態度を示せば今度は逆の作用が生じるのではないかと考えられます。

またストレス耐性を著しく欠くと衝動のコントロールが難しく、それゆえすぐに行動化してしまいがちになります。
さらにそのことに加えて前述のように相手の印象が「完璧に素晴らしい人」と「害にしかならない人」とに二分されてしまっていますので、前者の場合には過剰な期待を伴う依存状態を、後者の場合は激しい恨みを生じさせることになります。

罪悪感と共感能力の欠如がもたらす無邪気さ

また重症域の自己愛障害の人の全般的な印象として「幼さ」を挙げることができます。それも乳幼児レベルの幼さです。
体格も知識も大人なのに、それでもまるで赤ん坊のように感じられて仕方がないのです。

私もまさに昔はそうでしたが、重症域の自己愛障害の人はどうしてそんなに酷いことを言ったりしたりすることが平気でできるのかと信じられないほど、まったく無邪気に人を傷つけます
これは恐らく罪悪感や共感能力がほとんど育っていないためと考えれます。

そしてそのような様子を見て相手の人は「嫌がらせでも何でもなく、この人は本当に何も分かっていないんだ...」「だから何を言っても無駄なんだ...」ということを悟り、怒りよりも憐れみを感じるようになり、そうなれば毅然とした態度を取ることが難しくなり、むしろ罪悪感に駆られる場面が増えて行きます。
そうして、どんどん巻き込まれて行くのです。
これは健全な人であれば、大人に対してと同じように赤ちゃんに対して怒りを向けることなど、気が咎めてできないためです。

重症域の自己愛障害の人が犯罪を犯す確率はごく僅か

最後に重症であっても自己愛障害の人が犯罪を犯す確率は決して高くないそうです。
これは大半の人は殺意などが芽生え、かつ自己抑制があまり利かなかったとしても、法で裁かれるなどの行動化したのちの様々な不利益のことが頭を過るため、ギリギリのところで思い留まることができるためではないかと考えられています。

その意味で今回のストーカー事件の容疑者は、その抑止力さえ働かなったという意味で精神病水準に近かったのではないかと考えられます。
(その後のニュースによれば、責任能力に疑いがもたれ精神鑑定が申請されたようです)

現実よりも「空想」の方を正しいと考えることから生じる思い込みの強さ

ニュースでも報じられていましたが、今回のストーカー事件の容疑者は、被害者の方からほとんど無視されていたにもかかわず結婚を望んでいたそうです。
なぜこのような強い思い込みが生じるのか、それは精神分析医の小此木啓吾さんが『自己愛人間』の中で「イリュージョン(幻想)の中で生きる人」と形容しているように、特に重症域の自己愛障害の人は、頭の中の空想の方を正しいと考えるため、ほとんど相手にされていないという自分にとって都合が悪い現実は、何かの間違いとして無視されるか、あるいは正しい空想に沿うように現実を正そうと圧力をかける(実力行使)かのいずれかで、どちらにしても現実が過小評価されてしまうためです。

以上、少々まとまりのない文章になってしまいましたが、重症域の自己愛障害の人がアイドルファンであった場合の特徴について列挙してみました。

女性アイドル刺傷、容疑者「プレゼント返され憤慨した」:朝日新聞デジタル

こちらは一昨日に起きた事件を報じる記事です。
記事にありますように、プレゼントをめぐって腹を立て相手の殺害を企てるなど、先日の私の記事「ドラマ「火の粉」に見る、自己愛的な人の特徴~贈り物好きで承認・賞賛欲求が非常に強い:自己愛講座21」とその動機が似ています。

今回は予定を変更しまして、若い頃の私もそうであったアイドルファンの心理の危険性について書かせていただきます。
初回の今回は問題とはならない、いわゆる健全なアイドルファンの心理状態についてです。

アイドルファンの心理は自己愛的なニーズ(理想化自己対象欲求)から生じる

まず最初にアイドルファンの心理が生じる要因についてですが、それは自己愛的なニーズから生じると考えられます。
私たち人間は様々な人やものを理想視しますが、その対象がアイドルである場合が、いわゆるアイドルファンの心理であると考えられます。
また理想視とは現実以上にその人やものを高く評価することを意味しますが、自己心理学ではそれを理想化自己対象欲求の働きによるものと考えます。

具体的には自己心理学では人間関係における最も重要な欲求を鏡映自己対象(承認欲求)と考え、その欲求が満たされない場合や、寂しさや心細さなどを感じているときに、それらの状態で生じる気分の落ち込みや不安などを鎮めるために誰かや何かを過剰に高く評価し、そのような素晴らしい存在がいる(ある)から自分は大丈夫と思って安心したいとのニーズ(理想化自己対象欲求)が働くと想定してます。

ですから理想化自己対象欲求が働いている状況では、その対象に対して多分に「自分を元気づけてくれるために、いつまでも素晴らしい存在であって欲しい」との救世主願望にも似た過剰な期待が存在していることになり、それゆえ本来他人であるアイドルの活躍を見ても、まるで自分のことのように気分が高揚するのですが、この過剰な期待が今回のような事件に発展する危険性を孕んでもいます。
またこの過剰な期待が理想化の対象となっている人が感じる目に見えないプレッシャーの正体とも考えられます。

※ただし自己心理学では理想化自己対象欲求自体は人間の本能的な欲求であることから、それ自体が病理的なわけではなく、それが過剰な場合に問題となると考えられています。

健全なアイドルファンの心には必ず葛藤が存在する

次にアイドルとそのファンの関係性に焦点を移します。
アイドルとそのファンとの間には、個々のやり取りの瞬間の中には「私とあなた」という二者関係が存在することもありますが、俯瞰的な視点からはアイドルとそのファンの人々を示す「私たちとあなた」という三者関係の成立をその前提としています。

ですから健全なアイドルファンの方は後者の三者関係の前提、つまり自分が多くのファンの一人に過ぎないことを自覚しており、それゆえどんなに大ファンであったとしても一定の自制心が働き節度を保って行動することができます。

しかし前節で述べましたように、そもそもアイドルファンの心理が、多分にネガティブな状態に陥っている状態の自分を救ってくれるために生じているわけですから、これは自分のためという点で明らかに一ファンの立場を逸脱した二者関係を希求したニーズです。
またこのような自己心理学の理論を持ち出すまでもなく、たとえそれが恋愛感情ではなかったとしても、非常に好ましい感情を抱いている人に対してもっと親密な関係になりたいとの思いが生じることは人間としてごく自然であることは想像に難くないと思われます。

その結果、アイドルファンの方には二者関係(個別的な関係)に移行したいニーズと、それを制止する精神分析用語で言えば「超自我」の働きとの間に、辛い葛藤が生じることになります。

そしてこの辛い葛藤状態に絶えながらアイドルを応援できる方が健全なアイドルファンといえ、一方この葛藤に耐えられないパーソナリティ障害水準以下の方が今回の事件のような問題を引き起こすと考えられます。

次回は後者の方々が引き起こす問題について詳述致します。

補足)期待値の高さという意味での理想化

今回の記事のアイドルが理想化自己対象として機能している旨の話は、アイドルに対して憧れの気持ちがある方には実感していただけるかもしれませんが、そうでない方には腑に落ちないでしょうから、その点について補足させていただきます。

ここでの理想化とは自分の期待に応えてくれるに違いないとの思いが、他の人との人間関係以上に強いという意味において、つまり期待値の高さという意味です。
そのためその期待が裏切られると、激しい恨みの感情が生じたりすることになります。

ファンはアイドルを心理的には自分の一部として体験している

ではなぜこのような過剰な期待が生じるのか?
それは理想化自己対象として機能している存在が、物理的には自分以外の存在ではあっても、心理的には自分の一部として体験されていると考えらるためです。

ですから、まるで自分のことのように嬉しく感じたり、あるいはその逆に思いどおりに振る舞ってくれないことへの不満が通常以上に強まったりすることになります。

意識の上ではアイドルために一生懸命に応援しているように思えても、実はその背後では何らかの意味で自分のために行動してくれることを強く願う心理が隠されている。
これがアイドルファンに限らず、誰かを理想化しているときに注意しなければならないことです。

以前に自己愛講座16171920を通して自己愛的な人がしばしば行う長時間にわたるお説教について書きましたが、今回はそのターゲットとなりやすい人の特徴を、より一般化した形で書きます。

他人に巻き込まれやすい人の典型はノーと言えない人

相手の行為が不快にもかかわらず、それを甘んじて受け入れ耐え忍ぶしかない状態になってしまう人の典型は、いわゆるノーと言えない人です。

冒頭のこれまでの自己愛講座で触れましたように、誇大モードにある時の自己愛的な人は相手の気持ちを察したり相手の立場に立って物事を考えることが苦手なため、自分の行為が相手の迷惑なっていることに気づくことが難しく、むしろ相手のためになっていると確信していることも少なくありません。
そうした錯覚に陥っている人を前にして迷惑であることを伝えることができなければ、その人は相手のためを思って、その迷惑行為を続けることになってしまうでしょう。

ノーと言えない人の典型は、誰からも嫌われたくないと思っている人

ではどんなに不快な状況でもノーと言えない人は、何を恐れてそうしているのでしょうか?
それはノーと言うことで相手が気分を害し、そのことで相手から嫌われる恐れです。
言葉を変えれば、誰からも嫌われたくないとの強い思いがあるということです。

人から嫌われることへの極度の不安の背後には「たちまち人を魅了してしまう」誇大的な理想像が隠されていることがある

またこの「誰からも嫌われたくない」との強い思いは、誰からも好かれるような素晴らしい人間になりたいとの思い(理想)の反映であることがあります。

昔、小さなわかいい女の子がいました。その子を見た人は誰でもその子が好きになりました(『初版グリム童話集1』P.136)。

グリム童話の「赤ずきん」は、このような書き出しで始まります。
見た瞬間に誰でも好きになるような人物とは相当魅力的な人でしょうが、人には好みというものがありますので、現実にはそこまで他人を魅了してしまう人など存在しません。
それにも関わらず、誰からも嫌われたくない思いの強い人の中には、しばしばそのような人が現実に存在し得ると考え、それゆえそのような人間になりたいと願い、あるいはそのような人に巡り合いたいと願う人がいらっしゃいます。

このように誰からも嫌われたくないという思いが強い人の心の中には、現実には存在し得ないほど魅力的な人物という、誇大的なイメージが潜んでいることがあります。
この場合、その誇大感がもたらすあまりに高い完璧主義的なハードルが、その人を苦しめていることになります。

こうした誰からも嫌われたくないという思いが強すぎて、それで苦しんでいる人には以前に著書を紹介したことのある岸見一郎さんが書かれている『嫌われる勇気』のような発想が必要と思われます。
それがとても勇気の要ることだとしてもです。

人間性への非常に高い理想は自己愛な人に共通した心理

また実はこうした人間性への非常に高い理想は自己愛な人に共通した心理でもあります。
どんなにナルシスティックで自己中心的な人でも、内心は限りなく素晴らしい人間になりたいと思っていて、しかし誇大感が強すぎるために自分が既にその域に達していると錯覚して前述のような態度になってしまっているだけなのです。
例えば以前の投稿の延々と続くお説教にしても、ご本人からすれば限りなく素晴らしい人間がそうではない人間を哀れに思い、慈悲の心から正しい道へと教え導く行為に他なりません。

同じように高い人間性を求めていても、その人が誇大モードにあるのか抑うつモードにあるのかによって、これだけ違う態度となって表れるのです。

次回はターゲットなりやすい人のもう一つのタイプについて掲載する予定です。

初版グリム童話集1

このページの上部へ

カウンセラー プロフィール

田尻健二
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細


サイト内検索

カテゴリ




このHPとは異なる情報をFBページにも投稿しておりますので、こちらもフォローしていただけますと嬉しいです↓

最近のピクチャ

  • 初版グリム童話集1
  • 岸見一郎著『アドラー心理学入門』『アドラーを読む』