10423338_660480230700709_58030714_n.jpg


自己愛性人格障害・自己愛障害 一覧


今回は前回の記事「私説:就職面接における私服着用の強要は、センスが仕事上極めて重要な職種以外はハラスメントに当たるのでは」の最後に告知致しました、面接における企業側の振る舞いは、単に採用のためだけに生み出されたものではなく、そこにコミュニケーションに関する信念(=企業風土)が色濃く反映されているという点について書きます。
またその分かりやすい例として圧迫面接を取り上げます。

応募者のストレス耐性をチェックするための圧迫面接

圧迫面接とは、意図的に相手を不快にさせるような態度を取ったり、あるいは答えに窮するような質問をすることで応募者を心理的に追いつめるような就職面接のことを指します。
そしてこの常識を疑うような行為の意図は、ストレス耐性のチェックにあるようです。

圧迫面接を行う面接官は、共感能力を著しく欠いた典型的な自己愛人間

私が疑問に思うのは、果たしてこのような応募者に意図的に精神的苦痛を与える面接を行う担当者は、そのターゲットなる就活生の方のことを少しでも考えたことがあるのかということです。
もし相手の身になって考えているのなら、少なからず躊躇いを感じてもおかしくないはずです。
ですからもし圧迫面接を少しも躊躇いなくできるのだとすれば、その面接官は次のいずれかに当てはまると考えられます。

・相手の立場になって物事を考える発想自体がない
・その発想はあったとしても、他者(就活性)をもっぱら自己(自社)の利益のために奉仕する道具としての価値しか認められない

いずれも私の専門領域である自己愛の病理の典型的な症状ですが、より重症なのは前者のタイプです。
別の機会に詳しく書く予定ですが、ここまで重症になれば意思の疎通が極めて困難となり、よほど職場の人の理解がない限り、継続的な就業は困難になってしまうことが予想されます。

ですから圧迫面接を行う大多数の面接官は、後者の他者を道具扱いすることに慣れ親しんだ人ではないかと考えられます。

就活での面接官の態度は、その会社のコミュニケーションの有様を示す重要な指標

問題はこれだけではありません。そのような自己愛の問題を抱える人を採用活動の要職に据えているということは、その企業が圧迫面接に象徴されるような支配-従属的なコミュニケーションのあり方に違和感を感じていないことを意味し、このことからこのようなコミュニケーション・スタイルがむしろ社内に蔓延していることが予想されます。
だからこそ、そのストレスフルな職場環境に耐えられるか否かをチェックする必要があるのではないかと考えられます。

圧迫面接を行う企業は恐らく快適な職場環境の実現に関心がない

例えばもし快適な職場環境の実現に関心が高い企業が、応募者に意図的に強いストレスを与えるような採用手法を採用するでしょうか。
むしろ日々の実践と同じように、少しでもストレスを取り除くように工夫するのではないでしょうか。

このように考えると圧迫面接を行うような企業は、快適な職場環境の実現にはほとんど関心がないことが予想されます。
自社の問題点を改めるよりも、自社のルールに(その自覚なしに)強引に従業員を従わせようとする、まさに自己愛の世界です。

以上ように企業の面接その他の採用活動には、社風と言えるようなその企業の典型的な側面が色濃く表れているというのが私の考えです。
ですから例として取り上げた圧迫面接のような就活での面接官の態度は、その会社の社風、具体的にはコミュニケーションの有様を示す重要な指標に成り得ると考えています。

しかしそれにも関わらず、例えば圧迫面接についてネットで検索してみると、上位表示されるのはその対処法、つまりその面接を突破してその会社に就職するためのアドバイスばかりで、圧迫面接自体を問題視する専門的なサイトは皆無でした。

これは個人的にかなり深刻な事態だと思います。
次回はこの日本社会全体に広がる病理について記事にする予定です。


今回の記事は『うつ病の力動的精神療法』という本の紹介です。

力動的精神療法とは精神分析の別名

まず力動的精神療法とは、典型的には精神分析のことを指します。
精神分析では、創始者のフロイトが人間の心を、互いに相矛盾するニーズを持った様々な力が衝突し合っているとの仮説を打ち立てたため、その有様が精神力動と呼ばれ、その仮説に基づく精神療法が力動的精神療法と言われることがあります。

うつ病の精神分析的な治療が適したケースは決して多くない

次に精神分析の、うつ病その他の気分障害への適用の可能性についてですが、本書のはじめの方にも書かれていますように、フロイトの流れを受け継ぐ伝統的な精神分析の治療構造に厳密に従うタイプの手法を用いた場合、効果が期待できるのは、私が以前に病体水準の記事で述べた神経症水準の人のみが該当することになります。

具体的には症状の緩和だけではなく、自己内省にも関心を示し、かつそれを可能とする自分を客観視する能力を有し、さらには治療同盟と呼ばれる治療者との間の良好な人間関係を比較的速やかに形成できるコミュニケーションスキルを有するなど、とても健康的に思えるような人です。

このため伝統的な精神分析の手法が適用可能となる気分障害は、やはり同書にも書かれているように比較的軽症の人、典型的にはDSM-5の特定の診断基準を満たすまでには至らず「抑うつ状態」「抑うつ傾向が見られる」などの診断が下されるケースのようです。

日本では、うつ病への対処の主流は薬物療法

また日本では、うつ病や抑うつ状態にある人に対するサポートの第一選択肢は、病院の精神科や心療内科における薬物療法であり、私のような心理療法家の元を訪れる人は、その薬物療法でも改善が見られなかったような重症域の人というのが典型的なケースです。

その意味でも、少なくても日本では心理療法家が同書で提唱されている技法を活用する機会は非常に限られてくると考えられます。

うつ病の自己愛的な側面に触れた貴重な本

それでも私がこの本を紹介した理由の一つは、同書がうつ病その他の気分障害の自己愛的な側面に触れた数少ない本であるためです。

自己愛型の抑うつ症状は現代型うつ病、あるいは非定型うつなどと呼ばれ、従来型のうつとは区別されるのが一般的です。
そして従来型のうつに罹りやすい人は、真面目すぎるためにストレスを溜め込む傾向が強く、また人目を気にしやすく罪悪感が強い傾向があるとの説明をよく見聞きします。

ですが私が相談を受けたうつ病の方には、あくまで見立てではありますが、いずれも自己愛的な傾向が見受けられました。

例えば常に良い行い、正しい行いをしなければいけないと思っている人がいたとします。
しかしその理由が他人から良い人と思われたいからであったり、あるいは他人からの批判を恐れてのことであったとすれば、その人を突き動かしているのは罪の意識ではなく恥の感覚です。

また自己愛講座1にも書きましたように、自己愛的な人の定義は、他者からの肯定的な評価により自尊心を維持することに常に心を奪われているような人ですので、過度に人目が気になるのは自己愛的な人の特徴と言えます。

同書では抑うつ状態に陥りやすい人の特徴の一つして自己愛の傷つきやすさを想定し、その説明に2章を割いています。
うつ病の解説書の中で、うつ病の自己愛的な側面についてここまで詳しく論じているのは、私が知る限りこの本だけです。

次回は同書のもう一つの特徴について掲載する予定です。

フレドリック・N. ブッシュ、セオドア シャピロ、マリー・ラデン著『うつ病の力動的精神療法』金剛出版

『うつ病の力動的精神療法』


今回の記事は予定を変更して恐縮ですが「NHK「お母さん、娘をやめていいですか?」~仲良し親子の関係に潜む共生期の恐ろしさをリアルに描いたドラマ」「共生期状態の母親は娘を気持ちの面では赤ちゃんのようにケアが必要な、か弱い存在と錯覚している~NHKドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」より」とも関連したものです。

今回は「ファザコン」「マザコン」という名称、特に後者のマザコンについて考察します。
昔からそのような人はいましたが、徐々に増えて来ているように感じられるとともに、そのような人に対する評価が大きく変化して来ているように思えるためです。
上述の記事で取り上げたNHKのドラマの娘も、そのような典型例です。

昔は「ファザコン」「マザコン」は親離れできない子どもの病理と見なされていた

「ファザコン」「マザコン」とは、ご承知のようにファザー・コンプレックスとマザー・コンプレックスの略称です。
この「ファザコン」「マザコン」は、昔は親離れできない子どもの病理と見なされていました。

その典型例が、若い方はご存じないかもしれませんが、昔一世を風靡したドラマ『ずっとあなたがすきだった』で佐野史郎さんが演じた冬彦という役柄で、冬彦さんブームとまで言われました。
簡単に説明しますと、野際陽子さん演じる母親を理想化するあまり、結婚してからも事あるごとに母親の判断を仰ぎ、また夫婦関係よりも親子関係の方を重視し、さらには妻に母親のような理想的な女性になってくれることを期待するような人物です。

このドラマ『ずっとあなたがすきだった』の親子は、互いに自慢の母親、自慢の子どもと理想化し合い、また二人の関係がこの世の何より大事という点が「NHK「お母さん、娘をやめていいですか?」~仲良し親子の関係に潜む共生期の恐ろしさをリアルに描いたドラマ」に既述したNHKのドラマの親子と共通しています。
ですから同じくもっとも重症域である共生期の自己愛的な親子関係とも言えます。

特にマザコンの評価は散々なものだった

また特にマザコンの方は、冬彦さんとそれを演じた佐野史郎さん自体は、その役柄の強烈なインパクトから大変な人気者となりましたが、実社会における評価はいわゆる気持ち悪い男性の代名詞のような扱いを受けるなど散々な評価をされていたように思えます。
これはそのような男性のことを、大多数の女性が気持ち悪いと感じていたからではないかと考えられます。

「気持ち悪い人」から「優しい人」への大転換

ところがここ数年このマザコンの評価が一変して来たようです。
具体的には、例えばその仲の非常に良い親子の関係を見て「こんなにお母さんのことを大切にしている人なら自分も同じように大切にしてくれるに違いない」と考えたり、あるいはその仲の良さをコミュニケーション能力が高い人の証と考えるなど、その仲の良さの部分のみに注目し積極的に評価する女性が増えて来ているようなのです。

「ファザコン」「マザコン」を自己アピールポイントと考える人が出て来た

そしてこのような世間の評価の変化を受けてのものでしょうか、「ファザコン」「マザコン」を自己アピールポイントと考える人も出て来たようです。

もっとも「ファザコン」に関しては、昔からそのある意味子どもっぽさを女性的な可愛らしさと考える女性は少なからずいました。
しかし「マザコン」については、上述のようにこれまで散々な評価でしたので自ら表明するような男性はほとんどいなかったように思います。
ですからその当時を知る私には、その「マザコン」に対する評価の一変は驚くべきことでした。

「ファザコン」「マザコン」をアピールポイントと考える人の増加は、これまでの発達心理学の常識を覆すもの

またこの「ファザコン」「マザコン」をアピールポイントと考える人の増加は、これまでの発達心理学の常識を覆すものでもあります。

大学などで発達心理学について学んだことがある方でしたら、自我が目覚め特に思春期に差し掛かると、典型的には男子は母親のことを疎ましく女子は父親のことを気持ち悪く感じるなどして、物理的にも心理的に距離を置きがちになり、しかしこれは精神的な自立のための正常な反応と教わったと思いますし、今でもこの重要性は専門家の方から指摘され続けています。

「ファザコン」「マザコン」の高評価は共生期の関係に居心地の良さを感じる人の増加を意味している

このこれまでの発達心理学の常識的な見解からみれば「ファザコン」「マザコン」の人は精神的な自律を達成できていない未だに子どものように未熟な心理状態にあるということになります。
ですからそのような男性に対して嫌悪感を感じるのではなく、むしろ「こんなにお母さんのことを大切にしている人なら自分も同じように大切にしてくれるに違いない」と考える女性は、その男性と同じく精神的な自律を達成できていない可能性が危惧されます。

だからこそ別個の心を持つがゆえに何でも分かり合えることは望めない大人同士の関係よりも、その点のストレスが少ない限りなく仲の良い共生的な関係に惹かれるのではないかと考えられます。

もっとも日本は極力対立を避け円満な人間関係を築くことに価値が置かれるお国柄ですから、仲が良いことに越したことはないと考える方も少なくないと思います。
ですので次回はこのような一見ストレスの少ない楽園のように思える共生期の関係も、実は良いことばかりではないことについて触れる予定です。

このページの上部へ

カウンセラー プロフィール

田尻健二
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細


サイト内検索

カテゴリ




このHPとは異なる情報をFBページにも投稿しておりますので、こちらもフォローしていただけますと嬉しいです↓

最近のピクチャ

  • 『うつ病の力動的精神療法』
  • 上野千鶴子著『おんなの思想』
  • ハインツ・コフート著『自己の治癒』