10423338_660480230700709_58030714_n.jpg


不安障害 一覧


若い人の悩みに関する複数の言説

正月にNHKで、新世代が解く!ニッポンのジレンマ元日SP「"根拠なき不安"を越えて」という番組を見ました。

番組タイトルにある根拠なき不安とは、番組内容を見る限り、理由が定かではないような漠然とした悩みを抱える若い人が多いことを示しているようですが、番組を見ていて感じたのは、ゲストの国際政治学者の三浦瑠麗さんも「混同」と指摘していたように、個人的な悩みと社会の問題との境界が非常に曖昧で、社会全体の問題をまるで自分の悩みのように感じ、鬱々とした気分になっているような人が見受けられたことです。

また数日前に読んだBRUTUSの「危険な読書」の特集号では、知人が自分の価値観では扱いきれないことまで受け入れてしまう人が多いことを指摘していました。

誰もが等しく社会情勢の影響を受けるわけではなく、実際は個人差が非常に大きい

これらの若い人の悩みに関する言説や臨床経験などから感じられることは、マスメディアやネットなどに流布する社会情勢の情報を、ご自身の人生とリンクさせ過ぎている人が多いことです。

確かに私たちの人生は少なからず社会情勢の影響を受けています。
ですがそれに関する統計データや言説などは、社会全体の平均値や傾向を示しているに過ぎず、実際は個人差も非常に大きいものです。

例えばバブルと呼ばれた好景気の時代には、誰もがその恩恵を受け豪勢な生活を送れたわけではありませんし、また就職氷河期と呼ばれた時代も、誰一人として希望する企業や仕事に就けなかったわけでもありません。
ですからバブル期や就職氷河期についての言説は、言われているようなことに当てはまる人が連年に比べて多かったことを示しているに過ぎません。

この事実から言えることは、社会情勢の変化と個々人の人生は、必ずしも連動していないということです。
ですが冒頭で紹介したように、それをあたかも密接にリンクしているかのように錯覚しているため、社会情勢の変化に一喜一憂する人が少なくないようです。

私たちには社会情勢に抵抗し、自分の人生を自分で形作る能力がある

確かに世の中の出来事に関心を持つこと自体は大切なことですし、人生に有益なこともあるでしょう。
しかしそれも認識の仕方次第であり、社会と自分とを同一視するような考え方は、社会情勢が好転しない限り幸せな人生を送ることはできないというような考えに至ってしまいます。

この考え方が問題なのは、社会情勢というものが簡単には変化せず、また自分一人の力ではどうなるものでもない、さらには予測不可能なことが多いことです。
このため、そのような操作不可能かつ予測不可能なものにご自身の人生を重ね合わせるような考え方は、得てして不安や絶望しか生み出しません。

ですから大切なことは社会に関心を持ちつつも、それを自分自身の事柄と混同しないことです。

また私たちは社会情勢に、ただただ翻弄されるだけの存在ではありません。その力に抵抗し自分の人生を自分で形作る能力を有した存在でもあります。
いつもそれが功を奏するわけではないとしてもです。
しかしその能力は、使わなければ退化してしまう代物でもあります。


前回、『夢学』の悪夢退治法のPTSD治療への適用の可能性という記事を書きましたが、ここで推奨されているフラッシュバックに立ち向かう方法は、その他の非常に辛い症状、例えばパニック発作に対しても効果が期待できるように思えます。

なお、パニック発作とは、私も若い頃に受験ノイローゼになったとき一度経験したことがありますが、気質的な異常が認められないにもかかわず、このまま死んでしまうのではないかと不安になるほどの非常に強い発作に襲われる症状です。

パニック発作を強い精神力で克服したユング

一つ実例を紹介致します。『ユング自伝』に次のような記述があります。

私は最もきつい発作を起こした。私はもう少しで椅子から転がり落ちるところだったが、2,3分たつと気分が良くなり勉強を続けた。
「こん畜生!発作なんか起こすもんか。」私は独り言をいって勉強を続けた。
今度は2回目の発作が起こるまでに15分かかった。それも1回目と同じように過ぎた。
(中略)
私は我慢し続け、1時間後に3回目の発作が起こった。それでもなお私は諦めず、もう1時間勉強し、発作の襲来を乗り越えたと感じるまで続けたのである。
ふいに、それまでよりずっと気分が良くなった。事実、発作は二度と起こらなかった。
(中略)
あらゆる策略が終わって、どうにか済んだのである。神経症とは何かを私が教わったのは、その時だった(『ユング自伝1』P.55)。

特に発作を起こすような身体的疾患のことは書かれていませんので、これは恐らくパニック発作と推測されますが、それにしても並々ならぬ精神力の強さです。
(具体的な年齢は不明ですが、小学校高学年の頃のようです)

パニック発作に怯えてばかりいては、予期不安が広がりパニック障害へと至ってしまう

冒頭で述べましたようにパニック発作は死を予期するほどの強い不安を伴いますので、ユングのように発作に立ち向かうのは簡単なことではないでしょう。
しかしパニック発作自体が直接の死因となることはない、つまり発作で死ぬことはないというのが定説のようですし、また定義上はストレスなどの心理的な要因によって生じる発作とされていますので、要因となっているストレス耐性を高めることは非常に効果的と考えられます。

また前回の記事にも書きましたように、いつまた起きるか分からない症状に怯えるだけの状態から、その症状に立ち向かおうと思う状態へと変化するだけでも自尊心にプラスの効果が期待できます。

さらにパニック発作に怯えてばかりいては、予期不安と呼ばれる、常に発作の再発ことを心配し、そのことで発作にかえって敏感になってしまう状態へと陥り、それが恒常化すると、さらに深刻なパニック障害へと至ってしまうことになります。
ですからこの予期不安を減じるためにも、発作に立ち向かおうとする意志は必要ではないかと考えられます。

参考文献

カール・グスタフ・ユング著『ユング自伝-1―思い出・夢・思想』

パトリシア・L. ガーフィールド著「夢学(ユメオロジー)―創造的な夢の見方と活用法」

カール・グスタフ・ユング著『ユング自伝 1―思い出・夢・思想』


今回の記事は元々は夢分析のサイトに掲載したものですが、内容が臨床心理に関するものですので、カウンセリングのサイトにも転載致します。

※この記事は、実際にPTSDの症状に苦しむお客様に試してみて効果が得られたことを報告するものではなく、理論的に効果が期待できることを示唆するに過ぎない、それゆえ私説であることをお断りさせていただきます。

PTSDをテーマとしたドラマから『夢学』の悪夢退治法を連想する

以前にNHKで『海底の君へ』というドラマを見ました。藤原竜也さん演じる主人公が中学でのいじめを契機にPTSDを発症し、未だにフラッシュバックなどの症状に苦しめられ、その症状のために仕事も長続きせず転落の人生を送り、やがて殺人未遂事件を起こすという物語です。

このドラマの主人公の様子を見ていて、以前に書いた『夢学』の悪夢を退治する方法という記事のことを思い出しました。
何者かに怖い目に遭わされる夢を繰り返し見る場合に「今度は反対にやっつけてやる」と誓い、夢の中でそれを実行するという、いわば精神力によって悪夢に対処する方法です。

トラウマ体験を想起させる治療法の失敗などを契機に、対症療法的なアプローチが主流となって行ったPTSD治療

私の知る限りPTSDの治療は、従来は主にトラウマ(心的外傷)を生じさせた辛い体験を想起させるというものでした。
これは1960年代までの欧米では精神分析、それもフロイトの打ち立てた古典的な理論の多くを引き継いだ自我心理学が非常に大きな力を持っていたため、その古典的な精神分析理論における神経症治療の技法である「無意識の内容の意識化」がそのまま用いられていたのではないかと思われます。

ところがこのPTSDに対する自我心理学的なアプローチの治療成績が、約7割の人が治療前より症状が悪化という散々な結果となったため、その反動として無理にトラウマ体験を想起させることを止め、それに代えてフラッシュバックが起きた時など非常に強いストレスがかかった際の対処法を教えることに重点を置くように変化して来ているようです。

ただこのような対症療法的なアプローチのみではPTSDの治療が長期化してしまうという問題が生じてもいます。

「今度フラッシュバックがやってきたら、やっつけてやる」と誓う

そこで『夢学』の悪夢退治法の登場です。
この技法自体は悪夢の撃退を直接の目的としています。ですが心の中で生じ、それゆえその苦痛から逃れることができないという点では悪夢もPTSDのフラッシュバックも同じでしょうから、同様の効果が期待できそうに思えます。
具体的には「今度フラッシュバックがやってきたら、やっつけてやる」と誓い、実際にそれを実行するというものです。

この他にもPTSDに『夢学』の悪夢退治法が有効と考える理由は「やっつけてやる」との思いが意識の産物であり、その意識は睡眠時よりも覚醒時の方がハッキリしている、つまりより強く誓うことができると考えられるためです。

「やっつけてやる」と誓うこと自体が様々なメリットをもたらす

さらにこの「やっつけてやる」と誓うこと自体に、次のようなメリットをもたらすことが期待できます。

・対処できるかもしれないとの期待(希望)から、不安が軽減し安心感が増す
・自分の能力への自信が芽生える
・これらの要因から自尊心が高まる

以上のような理由からPTSDの治療に『夢学』の悪夢退治法を試してみる価値は十分にあるように思えます。

悪夢を退治する方法 参考文献

パトリシア・L. ガーフィールド著「夢学(ユメオロジー)―創造的な夢の見方と活用法」

405192_483940331635032_1883765600_n.jpg

このページの上部へ

カウンセラー プロフィール

田尻健二
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のエントリー

  1. 自己愛的な人が感情を持たない冷酷な人間との印象を与えるのは誇大モードにある時だけ〜自己愛講座37
  2. 共依存的な関係にあるDVの被害者のニーズの1つは「加害者を変えたい」というもの
  3. 共依存的なDVの被害者は、関係を断つためには加害者の許可が必要と考えている人が多い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』を例に
  4. 弁証法的行動療法におけるマインドフルネスと、一般に広まるリフレッシュ法としてのマインドフルネスとの比較
  5. 私説:リハネンが開発した弁証法的行動療法におけるマインドフルネスの技法と効果
  6. サイコパス(反社会性パーソナリティ)と自己愛性パーソナリティの共通点と相違点
  7. 境界性パーソナリティの人の、周囲の評価を二分する傾向〜ドラマ『きみが心に棲みついた』と私の実体験を例に
  8. 境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴の違い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に
  9. 境界性パーソナリティの「見捨てられ不安」の特徴〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に、自己愛性パーソナリティと比較
  10. スプリッティングは衝動的な行動や絶対服従的な態度を誘発してしまう〜『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に

全ての記事一覧を見る

カテゴリ




このHPとは異なる情報をFBページにも投稿しておりますので、こちらもフォローしていただけますと嬉しいです↓

最近のピクチャ

  • マーシャ・M. リネハン著『弁証法的行動療法実践マニュアル』