10423338_660480230700709_58030714_n.jpg


教育心理学 一覧


昨晩、NHKEテレで「いじめをノックアウトスペシャル 第8弾」という番組が放送されていました。

録画予約してまだ見ていませんので、この番組ではどうだったのかは定かではありませんが、こうした討論番組に登場する当事者である中高生の方からしばしば(「も」ではなく)「いじめられる方に問題がある」旨の発言が発せられることがあります。
今回はこの発言を頼りに、その是非(善悪)を問うことよりも、その背後に働く心理的な要因を考察してみたいと思います。

中高生の間では「いじめられる方に問題がある」旨の考えが力を持っている

「いじめられる方に問題がある」旨の発言が特に印象に残っているのは10年近く前に同局の「Rの法則」で放送された、いじめ特集です。
レギュラーメンバーの中高生(大半は高校生)が、いじめについて討論していましたが、誰が一番悪いのかという犯人探しの展開の中で、いじめとは「いじめられる人がいじめられて当然のことをするから起こるものである」との見解が主流を占めていました。
さらにその、いわば自業自得であるにもかかわらず自殺する人がいることに対しても「親を悲しませて申し訳ないと思わないのか」と容赦ない批判に曝されていました。

ですが、いじめの熾烈さを考えますと、この考えに従えば周囲の人から見て弁解の余地がないほど明らかに酷いことをしたからこそ「いじめ」という行為によって罰せられる(報復を受ける)、それゆえの自業自得であり、そうであれば自分が「いじめ」のターゲットになる可能性をそれほど心配せずに済むはずです。
しかし実際は、傍観者の大多数の人が懸念しているように、少しでも目立てば今度は自分が「いじめ」のターゲットにされかねないとの不安が蔓延しているようです。

補足)この他に、少しでも相手の機嫌を損なえば「いじめ」のターゲットにされるとの不安も広く見られますが、こちらは些細なことでも自尊感情が傷つく人が増えて来ていることの反映と考えられます。
ですがそれについても後述の羨望による怒りの解釈で部分的には説明が可能と考えられます。

羨望による怒りが、いじめの一因となっている

ではなぜ少しでも目立つと、それがいじめの原因となってしまうのでしょうか?
あくまで私見ですが、その多くには一般的には嫉妬と呼ばれる羨望が関係していると思われます。

羨望とは、他人が自分にはないものを持っていることで羨ましさを感じると共に、その他人と自分とを比較して惨めさ無価値感を感じるもので、特に後者の感情が時に激しい怒りを生じさせます。
そしてその激しい怒りが、自分を惨めな気持ちにさせた相手を破壊したい(報復したい)との気持ちを生み、これが「いじめ」の一因になっているのではないかと考えられます。
例えば「あいつ、調子に乗りすぎている」と思い許せない気持ちになった時などが羨望の一例です。

羨望は相手の心に悪意を見てとる

また羨望が激しい怒りを生じさせるのは、自分が惨めさや無価値感を感じるからだけではありません。
それに加えて、事実に関係なく相手の心に悪意を見てとるためです。
例えば誰かが楽しそうにしていれば、その様子から「どうだ、羨ましいだろう」と、これ見よがしに自慢しているように感じられたりします。
そしてこの感覚が「傷ついた」のではなく「傷つけられた」という被害感情を生じさせ、その人を報復行為へと駆り立てます。

自己愛的な人は人間関係のあらゆることで羨望に駆られがちになる

これまでの自己愛講座で述べてきましたように、自己愛的な性格構造の人は自尊感情が著しく低いため常に自己価値(自分の存在価値)の問題に囚われ、また自尊感情を自分自身で高めることが困難であるため、それをもっぱら他人との関係の中で満たそうとする傾向があります。
そのため「理想化-価値下げ」の防衛機制が頻繁に働き、人間関係の優劣に囚われがちになります。
そしてその際、自分が上と感じるときには優越感を感じ自尊心が高まりますが、そうでなければ惨めさを味わい激しい羨望を抱くことになります。

また自己愛的な人は、人間関係を優劣を表すものと捉えているため、およそあらゆることにそれを見出し、その度に羨望に基づく怒りや不満を感じることになります。
例えばテストの点数の優劣だけでなく、たとえ同じ点数であったとしても自分の方が努力しているのに同じ点数であることが許せなくなります。
なぜならそれは自分の要領の悪さを示すものであり、そのことで惨めさを味わうためです。

さらには上述のような数値化されたものだけでなく、挨拶のされ方や何気ない仕草一つに一喜一憂したり、あるい「〇〇さんには~したのに私には...」と他人との関係で優劣を感じるというように、他人のあらゆる態度を自分に対する評価として解釈する傾向があるため、些細なことで傷つき、また他人との比較で羨望に駆られることになります。

いじめのターゲットは無秩序に選ばれるのではなく、どのようなことでも羨望の要因と成り得るため、そのように見えるだけ

自己心理学や一部の社会学では、日本人はそれをあからさまな態度に出さないだけで、内面は総じて自己愛的な性格構造に満ち満ちていると考えられています。
もしこの見解が妥当なものであれば、常に他人との優劣に囚われ、些細なことで傷つき、かつその自分を傷つけた相手に対して恨みを抱くことが、程度の差こそあれ個々人の心で頻繁に生じていることが予想されます。

ですから誰もがいじめのターゲットに成り得るように見えるのは、ターゲットが無秩序に選ばれるのではなく、むしろ明確な理由があり、しかしその理由がとても些細なものであるため、実質「誰でも」の状態になってしまっているのではないかと考えられます。

「いじめられる方に問題がある」旨の考えは自己愛的な性格構造と羨望の働きによるもの

最後に以上の考察から冒頭で紹介した「いじめられる方に問題がある」旨の考えは、自己愛的な性格構造および羨望の心理により生み出されたものと考えられます。

個々人が自己愛的であるがゆえに、人間関係の些細なことにまで優劣を感じて頻繁に傷つき、さらには羨望の働きによって、そこに相手の悪意を見てとる。
このため些細なことでも悪意に基づいた酷い行為とみなされ、いじめられて当たり前、自業自得という考えに至るのではないかと考えられます。


これまでの自己愛講座では、自己対象欲求と呼ばれる自己愛的な欲求のネガティブな側面について触れることが多かったように思えますので、今回はポジティブな側面を紹介させていただきます。

理想化自己対象(欲求)のポジティブな側面がとても分かりやすく表現されているナイキのCM作品

少し前に写真家のFBページで、カンヌライオンズ2015でゴールドを受賞したナイキのCM作品を紹介したことがあります。
https://www.facebook.com/photographer.kenji.tajiri/posts/1072255992794625

CMについて簡単に説明致しますと、子どもの頃からタイガー・ウッズに憧れ、自分も将来タイガー・ウッズような一流のゴルファーになりたいと願い毎日懸命に練習し続け、やがて成人してからその憧れのタイガー・ウッズと一緒にコースを回るという、アメリカンドリームを体現したような内容のCMです。

もちろん、たとえどんなに努力し続けたとしても、残念ながらタイガー・ウッズのようなスター選手になれるのは、ほんの一握りの選手だけですでの、このCMは多分に夢物語です。
ですがこのCMは理想化自己対象欲求のポジティブな側面がとても分かりやすく表現されています。

現実以上に理想視するからこそ、その憧れの気持ちが「将来の夢」を生じさせる

これは自己心理学の中でも一般的な考えではないようですので、あくまで私見ですが(漠然としたものではなく)明確な将来の夢が生まれるためには、その対象がその子にとって憧れの気持ちを生じさせるほど非常に魅力的なものでなければならないはずです。
そしてそこまで魅力的と思えるためには、多分にその対象が理想化されている、つまり現実以上に素敵に見える必要もあるはずです。
なぜなら、もし最初からその対象の長所短所を冷静沈着に分析できてしまうと、どんな優れた人やものにも必ず欠点は見つかるため、憧れの気持ちなど生じようがないためです。

例えば私は現在、本業のカウンセリングと夢分析の仕事の傍ら、3年前から写真家として芸術的な活動も行っていますが、芸術家になることは子どもの頃からの夢でもありました。
そしてその将来の夢は、親戚にジャンルは異なりますが画家という芸術家の方がいたことだけでなく、その方を父親以上に慕っていた、つまりそれほどまでに理想視していたために生じたのでした。

親戚には他にも東京の大きな病院の要職にある医師や、上場会社の役員、市議会の議員の方などもいて、特に医師の方は家族や親戚の間でも非常に評価の高かった方です。
それでも他ならぬ芸術家への夢が生じたのは、画家の親戚をもっとも高く理想視していたためと考えられます。

憧れの気持ちだけでは、将来の夢を実現するモチベーションは生まれない

もっとも私の場合、その子どもの頃の夢をその後も抱き続け、その夢に向かって努力し続けたわけではなく、途中には長い長いブランクがありました。
この私の人生を鑑みますと、将来の夢が生じても冒頭のCMに登場した男の子のような経路をたどるためには別の要因が必要なことが分かります。

次回のこのテーマの記事では、その将来の夢を実現するモチベーションを生み出す別の要因について書かせていただきます。

Nike TV Commercial, 'Ripple' Featuring Tiger Woods


今回は努力について書かせていただきます。

それが難しい人にとって、努力は「生まれ持った才能」のように感じられる

何か困難なことを達成した人は、それなりに努力したとの自負があるでしょうから、目的の達成に必要なこととして努力の大切さを強調したくなるでしょうし、またそれを他人にも求めたくなるでしょう。

ところがそのようなアドバイスが、努力が難しく何事も長続きしない人の心にまったく響かないことがあります。
それは努力が難しい人にとって、努力とは「生まれ持った才能」のように感じられる場合が多々あるためです。

そうしたケースの場合、いくら努力の大切を説明されても「最初から努力できる才能を持っている人はいいよな」と不公平感が募るばかりです。
こうした思いの人にとって、努力できる人の言葉は、上から目線の言葉でしかないのです。
これが努力できる人から見れば、そうでない人が最初から努力する気がないように見える理由でもあります。

こうした努力に関する差は、次に述べる自己評価の差によるものが大きいと考えられます。

自己評価の違いが、努力できる能力の差となって現れる

自己評価とは自分の様々な能力に対する自分自身の評価のことを指しますが、これが高い人は自分の能力に自信を持っているため、多くのことに対して「自分なら出来そう」という予感を感じることができます。
そのため、その予感にも助けられて真剣に取り組む、つまり努力することが容易となります。
努力し続けければ、いつの日かその努力が報われる時が来るに違いないと信じることができるからこそ、人は努力し続けることができるのです。

それに対して自己評価が低い人の場合は、多くのことに対して「自分には無理」という予感が生じてしまいがちです。
努力しても無駄だと思うことに対して、人は努力し続けることはできません。
無理にそうしようと思っても「自分なら出来そう」と思っている人と同等のモチベーションは生じないため、総じて嫌々ながらという感じになってしまいます。

努力が難しい人の多くは、最初から努力する気がないのではありません。
自分では精一杯努力しているつもり、つまり決して怠けているわけではないはずなのに、なぜか継続できない、そうしたことを繰り返しているうちにまるで「生まれ持った才能」であるかのように思えてくるのではないかと考えられます。

自己評価の違いは、幼少期の親との関係の中での承認欲求の満たされ方の違いによるものと考えられている

こうした自己評価の大きな違いを生む要因は、精神分析的な発達心理学では、生まれ持った気質に加えて、幼少期からの親との関係の中での承認欲求の満たされ方の違いと考えられているようです。
そのこともあって、子育てにおいても社員教育においても褒めることが推奨されるようになって来ているのではないかと考えられます。
後者の場合、幼少期の不足分を後から企業が補っているとも考えられるのです。

追伸)今回の記事は主に、やりたいことに対する努力について述べたものです。
気が進まないことに対して努力し続けることは、誰にとっても困難が伴うためです。

このページの上部へ

カウンセラー プロフィール

田尻健二
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のエントリー

  1. 自己愛的な人が感情を持たない冷酷な人間との印象を与えるのは誇大モードにある時だけ〜自己愛講座37
  2. 共依存的な関係にあるDVの被害者のニーズの1つは「加害者を変えたい」というもの
  3. 共依存的なDVの被害者は、関係を断つためには加害者の許可が必要と考えている人が多い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』を例に
  4. 弁証法的行動療法におけるマインドフルネスと、一般に広まるリフレッシュ法としてのマインドフルネスとの比較
  5. 私説:リハネンが開発した弁証法的行動療法におけるマインドフルネスの技法と効果
  6. サイコパス(反社会性パーソナリティ)と自己愛性パーソナリティの共通点と相違点
  7. 境界性パーソナリティの人の、周囲の評価を二分する傾向〜ドラマ『きみが心に棲みついた』と私の実体験を例に
  8. 境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴の違い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に
  9. 境界性パーソナリティの「見捨てられ不安」の特徴〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に、自己愛性パーソナリティと比較
  10. スプリッティングは衝動的な行動や絶対服従的な態度を誘発してしまう〜『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に

全ての記事一覧を見る

カテゴリ




このHPとは異なる情報をFBページにも投稿しておりますので、こちらもフォローしていただけますと嬉しいです↓

最近のピクチャ

  • マーシャ・M. リネハン著『弁証法的行動療法実践マニュアル』