10423338_660480230700709_58030714_n.jpg


フォーカシング指向心理療法 一覧


心理カウンセラーの自己開示はどの心理療法においても一般的には様々理由からタブー視されることが多いのが実情ですが、精神分析家のレニックやフォーカシングのジェンドリンはそれとはまったく異なる考えを示しています。

心理カウンセラーの自己開示に積極的だったジェンドリン:

(心理カウンセラー自身の治療関係への関与を認めることや自己開示することで)心理カウンセラー自身の余裕は少なくなるが、クライエントにはより多くの余裕が生まれる。
(セラピストと患者のための実践的精神分析入門 P.64 一部改変)

この文章は心理カウンセラーとクライエントさんとの関係性(対人関係で生じる互いの影響)を重んじるオーウェン・レニックという精神分析家が、心理カウンセラーの自己開示の有効性について述べたものですが、この一文はフォーカシングの創始者ジェンドリンの治療態度を思い起こさせます。

『フォーカシング指向心理療法』によればジェンドリンは、クライエントさんが話に詰まったりフォーカシングで疲れてしまったときには遠慮なく援助の手を差し伸べ、お茶を飲みながらたとえばジェンドリン自身の旅行へ行ったときの話をし(自己開示)、その間はクライエントさんに休んでもらっていたそうです。
(私にはとても真似のできない芸当です^^;)

心理療法や治療態度に柔軟な姿勢を示したジェンドリン:

晩年のジェンドリンは心理療法に対してとても柔軟な考えを持っていたようで、フォーカシング以外の心理療法も積極的に治療に活用していました(その治療成果は『フォーカシング指向心理療法』の下巻に収められています)。
またジェンドリンの心理療法に対する柔軟性を示す別のエピソードとして、弟子に対して自ら開発したフォーカシングに固執(万能的な心理療法として理想化)することに警鐘を鳴らしたことが挙げられます。

ジェンドリンのこのような心理療法に対する柔軟な姿勢は、上述のように心理療法のみならず治療態度においても徹底していたようです。

セラピストと患者のための実践的精神分析入門
今日的な要請である治療の短期化を目的とした精神分析の本です。
もっとも治療の短期化といっても、ブリーフセラピー(短期療法)のように治療手順をシステム化する心理療法とは異なり、上述の「心理カウンセラーの自己開示」などのように治療態度を工夫することにより治療の短期化を試みています。
またこの本の直接の目的は時代の要請に適合しなくなった伝統的な精神分析の修正にありますが、そこで取り上げられているものは治療手順よりも治療態度の方が大部分を占め、また精神分析の専門用語もほとんど使われていないため、他の心理療法を用いる心理カウンセラーの方にも役立つ内容となっています☆

フォーカシング指向心理療法(上・下巻)
上巻は傾聴・フォーカシングによる洞察を促す心理カウンセリングの仕方、下巻は認知行動療法・ゲシュタルト療法などの心理療法をフォーカシングによって統合する試み(ジェンドリンはそれをフォーカシング指向心理療法と呼んでいます)が述べられています。


ある心理カウンセリングのセミナーで私は自分でも意識せずにフォーカシングの教示を行っていました。それは素晴らしく、かつ神秘的な体験でした☆

素敵なカウンセリング体験☆

ある心理カウンセリングのセミナーでカウンセラー役をした時のことです。途中からクライエント役の方が伏目がちに話をすることが多くなりました。私にはその理由が判らなかったのですが、カウンセリング終了後に「いつの間にか内面に注意が向いていて、独り言を言っているような感じ」だったのだそうです。

内面に注意が向く…これは洞察には欠かせない状態です。
さらに、独り言を言っているような感じ…これは私にとって心理カウンセリングの一つの理想型でもありました☆ なぜならそれは「(伏目がちとはいえ)ちゃんと会話が成立しているにも関わらず、存在を忘れられるほどその方の内省の邪魔に一切ならなかった」ことを示していたからです。

フォーカシングの教示でした…

後からカウンセリングを振り返ると、伝え返しの際に(無意識に)胸やお腹の辺りに手をやっていたことに気づきました。「胸やお腹」といえばフォーカシングでフェルトセンスを感じていただくために最初に注意を向ける場所です。
私は自分でも知らずにフォーカシングの教示に当たることを行っていたのでした*。そしておそらくクライエント役の方もフォーカシングのプロセスに馴染みやすい方だったために内省が促されたのでしょう。

また、これまで「上手くいった」と思うカウンセリングでは例外なく疲労感を感じていたのですが、今回のカウンセリングには終えた後の疲労感がありませんでした。
フォーカシングの教示によって心理カウンセリングのプロセスが上手く進展するときは、カウンセラー側も楽な気持ちでいられるのかもしれません。

*このセミナーでは傾聴以外の技法は禁じられていました。

フォーカシング指向心理療法:

フォーカシングが心理カウンセリングに役立つことを改めて知り、今またジェンドリンのフォーカシング指向心理療法を再読している次第です。

フォーカシング指向心理療法(上・下巻)
上巻は傾聴・フォーカシングによる洞察を促す心理カウンセリングの仕方、下巻は認知行動療法・ゲシュタルト療法などの心理療法をフォーカシングによって統合する試み(ジェンドリンはそれをフォーカシング指向心理療法と呼んでいます)が述べられています。


先日、とあるフォーカシングの自主グループに参加させていただきました。その際、フォーカサーの立場で体験したことについて書かせていただきます。

フォーカシングで蘇った悪夢:

先日、とあるフォーカシングの自主グループに参加させていただきました。その際、フォーカサーの立場で体験したことについて書かせていただきます。

ある気がかりについて考えながら身体に注意を向けたところ、胃の辺りにムカムカした感じがあります。次に(お腹が空いていたこともあり)お腹がドンドン凹んでいき、背中とくっつくような感じに変化しました。
「あぁ~」
その瞬間、半年前に見た思い出したくもない悪夢の記憶が蘇りました。
それは人体実験によって病院の患者さんが殺される夢でした。まだ認可されていない薬を投与された患者さんが発狂し、内臓がすべて溶けて背中の皮膚と背骨だけになって死んでいった夢です(玉木宏研修医の医療ミス@悪夢)。

クライエントさんの直面する世界との接点:

その後、インタラクティブ・フォーカシングに移行すると、ある気づきが生じました。
この時の私は、「ボーダーライン水準」の傾向を示すクライエントさんの治療の際、なかなか共感することができずに苦労していました。専門書を読むと、いろいろとクライエントさんの直面している世界の様相が描かれているのですが、いまいちピンときません。
しかし「人体実験の悪夢」を思い出したことで「ひょっとして、クライエントさんは毎日、この夢のような世界を生きているのかもしれない」と思え、少し見通しが立ちました。

帰りに、お茶をしながら読んでいた本の中に次のような一文がありました。
「(自分の命が)強大な力を持った冷徹で迫害的な『(セラピストも含めた)他者』の手に委ねられている、という患者の恐怖はあまりに強いので…」(パーソナリティ障害の診断と治療 P.88)
夢の中の研修医をセラピストに置き換えると、この文章の印象とピッタリです。

半年前に見た悪夢が、今このような形で役に立つとは思いもよりませんでした。夢の持つ力を改めて感じた次第です。

人間の能力:

ただ、疑問もあります。なぜ「人体実験の悪夢」を今ではなく半年前に見なければならなかったのか、そのメリットが判りません。何しろ夢の影響で、それまで好物だった「骨せんべい(魚の骨を油で揚げた健康食品)」が気持ち悪くて食べられなくなってしまったのですから。

また、実は私は夢の内容を誤って記憶していました。薬を投与されて患者が死んでしまう部分は当たっていますが、それは人体実験によるものではなく、不馴れな研修医の医療ミスによるものです。
したがって、夢そのものが「気づき」に役立ったとは言えない部分もあります。

このように考えると、「夢が時空を越えて作用した」というよりも、「人間は(夢も含めた)実に様々な事柄から、意味を見出す能力を持っている」…そのように思えてくるのです。

パーソナリティ障害の診断と治療
ボーダーライン・精神病水準の診断・治療のためのテキストです。トレーニング中のセラピスト向けに書かれているため、装丁から受ける印象とは異なり、内容は比較的平易です☆

このページの上部へ

カウンセラー プロフィール

田尻健二
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のエントリー

  1. 自己愛的な人が感情を持たない冷酷な人間との印象を与えるのは誇大モードにある時だけ〜自己愛講座37
  2. 共依存的な関係にあるDVの被害者のニーズの1つは「加害者を変えたい」というもの
  3. 共依存的なDVの被害者は、関係を断つためには加害者の許可が必要と考えている人が多い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』を例に
  4. 弁証法的行動療法におけるマインドフルネスと、一般に広まるリフレッシュ法としてのマインドフルネスとの比較
  5. 私説:リハネンが開発した弁証法的行動療法におけるマインドフルネスの技法と効果
  6. サイコパス(反社会性パーソナリティ)と自己愛性パーソナリティの共通点と相違点
  7. 境界性パーソナリティの人の、周囲の評価を二分する傾向〜ドラマ『きみが心に棲みついた』と私の実体験を例に
  8. 境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴の違い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に
  9. 境界性パーソナリティの「見捨てられ不安」の特徴〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に、自己愛性パーソナリティと比較
  10. スプリッティングは衝動的な行動や絶対服従的な態度を誘発してしまう〜『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に

全ての記事一覧を見る

カテゴリ




このHPとは異なる情報をFBページにも投稿しておりますので、こちらもフォローしていただけますと嬉しいです↓

最近のピクチャ

  • マーシャ・M. リネハン著『弁証法的行動療法実践マニュアル』