10423338_660480230700709_58030714_n.jpg


ジェンダー論 一覧


NHKBS1『国際報道2017』
これまで楽しみに見て来た番組ですが、4月のリニューアルで個人的に不快感を感じることが出てきました。

男性キャスターが解説者を兼ねるようになった

同番組はこれまで男性キャスターは代々NHKの特派員が、女性キャスターはフリーアナウンサーが担当して来ました。
今回のリニューアル後もその点は変わりません。しかしその役割に大きな変化が見られました。

これまでの放送でも男性キャスターが見解を述べることはありました。しかしそれはあくまで個人的な見解という印象を与えるものであり、不定期に登場する解説委員その他のゲストの専門的な見解とは、扱いに明確な違いが見られました。

ところが4月から登場するようになった男性の新キャスターは、見解を述べる時間が大幅に増え、さらにその際に「解説」というテロップが表示されるようになりました。
これはその方がキャスターのみならず解説者の役割も兼ねるようになったことを意味していると思われます。

キャスター間に著しい力の不均衡を感じるようになった

もっとも私が不快感を感じるようになったのは、そのこと自体ではなく、その変化がもたらした二人のキャスターの関係性についてです。

注)キャスターは実際は3人ですが、もう1人の方は主にコーナーを担当しています。

上述の「解説」の時間帯では、男性キャスターが自説を滔々と述べている間中、女性キャスターはその隣で頷き役に徹しています。
時折その方が発言することもありますが、それはあくまで男性キャスターが話しやすいように合いの手を入れる役割を担う類いのものです。

悩み事の相談などを受けたことのある方でしたらご経験があると思いますが、こうした役割に徹するためには、俗に「自分を殺して」と表現されるように、自分の気持ちなどを一切脇に置く必要があるため多大な忍耐力を必要とします。

そのためでしょうか、時折その女性キャスターの方の表情が辛そうに見える時がありました。
(実はこれまでとは違う異変に最初に気づいたのは、この方の表情からでした)

これまでは特派員・フリーアナウンサーというバックボーンの違いはあっても、共にキャスターという対等な関係が重視されていたからでしょうか、どこか和気あいあいの雰囲気が感じられました。

しかしリニューアル後は前述の役割の大場な変更により、さらにはその時間がしばしば長時間に及ぶため、実質1人の男性メインキャスターと2人のその引き立て役のキャスターという力の不均衡が番組全体を支配してしまっているため、これまでの雰囲気が消え失せてしまったように感じられるのは非常に残念です。

好ましくないジェンダーの表れにも思える

またそれだけではなく、その力の不均衡を感じる場面が男性と女性により形成され、それが毎回繰り返されているため、旧態依然とした男性優位のジェンダー(社会的な役割)観を見ているような不快さまでをも感じます。

本来、特定の番組を槍玉に挙げるような行為は慎むべきなのでしょうが、最後に触れたジェンダーの好ましくない点も見え隠れしているように思えましたので、できれば是正していただきたく記事にしました。

これからも番組の1ファンとして、放送を楽しみにしております。

NHKBS1『国際報道2017』キャスター紹介ページ

追伸)「解説」のテロップは毎回必ず出るわけではないようです。


サイードの『オリエンタリズム』を紹介した上野千鶴子著『おんなの思想』

今、知人の勧めで上野千鶴子著『〈おんな〉の思想』を読んでいます。
この本の中に、エドワード・W・サイードの『オリエンタリズム』を紹介した章があります。

『オリエンタリズム』は、その概念がアフリカその他の地域の人々への、西洋人の「こうであって欲しい」という願望が反映されたものであることを指摘すると共に、その概念が有する強力な支配力を明らかにした本で、サイードは同書によりポストコロニアル理論確立の立役者とされているようです。

※ポストコロニアル理論についてはwikipediaの説明などをご覧ください。

洋の東西を問わず女性の発言は軽視されて来た

このサイードの『オリエンタリズム』を紹介した上野千鶴子さんの文章の中で特に印象に残ったのは、存在しないことにされるという形の差別の存在です。
少し長くなりますが、いくつか該当箇所を引用します。

「この本(上野さんの『家父長制と資本制』)を読んで、つね日頃女房が訴えていることがようやくわかりましたよ」
妻の言うコトバは解しないが、マルクス用語なら理解できる......彼はこう言ったのだ。
(中略)
女は声を挙げてこなかったわけではない。ただ、その声は聞かれなかっただけである。(P.182)

歴史上には文字どおり、声なき人々がいる。歴史時代というものが、文書史料の誕生以後の時代だとするならば、文字を遺さない人々は、歴史に登場しない。その困難にぶつかったのが、女性史だった。
中世女性史を専門とするフランスの社会学者ミシェル・ペローは、ヨーロッパ中世に女性の手によって書かれた文書が存在しないという困難に遭遇する。
代わって登場するのが、男性の手によって書かれた女の表彰である。しかもこの男性とは、生涯を独身であるべく定められた聖職者たちであった。(P.188)

性犯罪の問題に男性が関心を持ったというだけで、とても重宝された経験

これらの文章を読んでいて、ふと私自身の経験が思い出されました。

今、100年ぶりに性犯罪の法律が改訂されようとしていますが、数ヶ月前にそれを後押しすべく活動を続けているNPO法人のイベントに参加したことがあります。
会場には100人以上の人が詰めかけていましたが、男性は1割程度しかいなく、そのためでしょうか「関心を持ってくれる男性の方はとても貴重」と感謝され、加えて今後のイベントへの継続参加やウェブサイトへのコメントの書き込みなどを促されました。

この時は男性の参加者の少なさから、そう思われるのも当然と考えていました。
ところがその後、前述の上野さんの文章を目にしたときに「性犯罪の問題に男性が関心を持ったというだけで、なぜそこまで重宝されるのか?」との疑問符が湧いて来ました。

このNPO法人は、単に人々が実情に合わない旧態依然の性犯罪の法律に問題意識を持ってもらうことを目指しているのではありません。
議員にロビー活動を行うなどして法律を変えるべく活動している、いわば社会活動家の集団です。

だとすると関心を持ってもらう人が増えるのは、その第一歩としては喜ばしいことだとしても、それだけはミッションを遂行したことにはなりません。
だからこそ今以上に積極的な関わりを求められたのだと考えられます。

ですからこれらの事情をふまえた上での「なぜ男性というだけで」という疑問符だったのです。

未だに社会を支配する男性に効果的に働きかけることができるのも、同じ男性という実情

あくまで推測ですが、上述の上野さんの考察を加味すれば、同じ発言でも女性よりも男性によるものの方が遥かに価値がおかれる、言葉を変えれば男性の発言でなければ(未だに社会に対して大きな支配力を有し続ける)男性の耳には届くことさえない...
こうした事情ゆえの、先の歓迎であったのではないかと考えられます。

具体的な発言を聞く前から、女性とは別の待遇を受けるもっともな理由があるとすれば、こうした事情によるもののように思えるのです。

存在しないことにされる形の女性差別

上野さんの指摘した実情は、存在しないことにされる形の女性差別と言えると思います。
女性の方は総じて女性であるという理由だけで発言を聞き入れてもらう機会やそれを評価してもらう機会を奪われる。
さらにはそうしたことを行う多くの男性にとって、それは慣れ親しんだパターン(慣習)であるためそのバイアスが自覚されることさえなく、そのためオリエンタリズムの概念の働きと同様に、男性の望む女性像(理想像)が女性の客観的な姿と錯覚されることになる。

こうして女性は発言権だけでなく発言の存在そのものを奪われ歴史から抹殺されて来たことを示唆するのが、上述のミシェル・ペローのエピソードではないかと考えられます。

なお今回の記事で用いた「存在しないことにされる」とは、物理的な意味ではなく、あくまでその人(男性)の心の中での話です。
その心理的な意味での存在の抹殺とは、具体的にはどのような状態なのか、次回詳しく述べる予定です。

引用文献

上野千鶴子著『〈おんな〉の思想-私たちは、あなたを忘れない』集英社文庫

上野千鶴子著『おんなの思想』


今回は「私説:性欲は動物的な本能であると共に心理的・社会的な影響を強く受ける」の冒頭で触れた、ミシェル・フーコーの『性の歴史1 知への意志』を分かりやすく解説した上野千鶴子氏の『おんなの思想』の内容を参考に、夫婦やカップルの性の営みに関する常識を批判的に検討します。

権威ある「キンゼイ・レポート」の内容を否定するような書物を発表したフーコー

彼(アルフレッド・キンゼイ)は人間の性は動物と同じく「自然」に属すると考え、あたかも動物を観察するように人間男性の性行動調査を行い、1948年に「キンゼイ・レポート」(『人間に於ける男性の性行為』)(1950)を発表した。
キンゼイが考えたように、性が「自然」に属し本能的な動物行動であるとすれば、そこには歴史は存在しないはずだった。
それに対してフーコーは、性には社会や文化の影響を受けて変化し、私たちが思っている以上にその変化のスピードが早いことを論じた。
正確にいえば、フーコーが論じたのは「性の歴史」ではなく、「セクシュアリティの歴史」である。(『おんなの思想』P.153-154)

フーコーが論じたのは性そのものではなくセクシュアリティと呼ばれる性に関する概念でした。
しかしそれでも「キンゼイ・レポート」が当時はいわば科学的な事実として非常に大きな影響力を持っていたようですので、その権威あるレポートの内容を否定するような内容の書物を、思想界の巨人たるフーコーが発表したことで、上野氏をはじめとした知識人に非常に大きなインパクトを与えたようです。

また上野氏が訳注で指摘しているように、キンゼイの調査では学歴が属性変数に含まれ、それゆえ階級が性行動に影響するという仮説が示されていることから、同調査は実は社会的行動の調査であり、したがってそれが動物的行動の調査と誤って理解され広まってしまった可能性があるように思えます。

性に関する常識の多くは19世紀にヨーロッパのブルジョワ階級の人々によって考え出されたもの

フーコーは、今日でも私たちが信じている性に関する常識の多くが、19世紀にヨーロッパのブルジョワ階級の人々によって考え出された概念であるとし、その概念を「子どもの性の教育化」「女性身体のヒステリー化」「性倒錯の精神病理学化」「生殖行為の社会的管理化」の4つの特徴に分けて考察しています。
今回はその中でも私自身一番大きなインパクトを受けた「生殖行為の社会的管理化」について、それが意味することを私なりに考察します。

性行為とは愛する者同士が行うべきものとの常識は国家の人口統制の手段

生殖を目的とした異性愛~それがブルジョワ階級の定義したセクシュアリティであり、性の統制であった。これによって古代ギリシャ時代には少年愛よりも下位に置かれた夫婦間の性愛の地位が、上昇していくことになる。
(中略)
4の「生殖行為の社会的管理化」とは、正常な異性愛カップルとされた夫婦が、生殖の単位として社会的統制の下に置かれることを指す。
(中略)
近代国民国家の中で、性行動と妊娠・出産の統制を通じて、人工の質と量の管理を試みなかった国家はない。女の子宮は国家に属する。だからこそ、多くの国で堕胎が犯罪とされたのだ。(『おんなの思想』P.161,163)

これらのフーコーの指摘から、性行為とは愛する者同士が行うもの、少なくても「そうあるべき」との広く普及する常識は、人間としてそれが自然なことだからではないのはもちろんのこと、個人の欲求でもなく、それはヨーロッパのブルジョワ階級の間で生み出された理念を、政府が国家繁栄のための人口政策に利用したものであることが分かります。

性行為を夫婦の営みと考える概念は明治以降に生まれたもの

また上述の記述はヨーロッパに関するものですが、同書では明治以前の日本の性事情についても触れています。

明治維新を迎えるまで日本では、ポリガマス(重婚的)な性習俗が続いていた。男色も女色も両刀遣いが行われていた。江戸時代は妻や母にする女を「地女」と呼び、性の快楽は遊女に求めるものだった。それが明治期の性指南書『造化機論』では、夫婦間の性愛が上位に上がっている。
おりしも開花ブームに伴って、「家庭」の概念が登場した。「家庭の幸福」を象徴するのが一家団欒である。相愛の男女、一夫一婦、未婚の子女、雇用される夫、専業の主婦、という性役割分担が組み込まれた「近代家族」の登場である。
(中略)
啓蒙的な性科学書として知られた田中良造の『奇思妙構 色情哲学』(1887)は、「人生の最大快楽は一夫一婦の中の存す」と謳い上げている。あたかも夫婦の間には、相互に性の権利・義務のみならず、快楽の権利・義務がなければならないように。(『おんなの思想』P.170-171)

驚くべきことに今日では不貞行為と見なされ兼ねない(民法770条)ようなことが、江戸時代ではむしろ常識的なことだったようです。
また今日では当然視されている家庭や家族を大事にすることについても、そもそも家庭という概念すらなかったことも驚きです。

愛情と性欲との結びつきは19世紀に生まれた「そうあるべき」との理念に過ぎない

もっとも私が一番気になったのは、引用の一番最後の「あたかも夫婦の間には、相互に性の権利・義務のみならず、快楽の権利・義務がなければならないように。」の部分です。

夫婦やカップルの人間関係の悩みの中に次のようなものがあります。

相手が自分に性的な行為を求めなかったり、あるいはそのような関心を示さないのは愛されていないから、あるいは自分に魅力がないからではないか。

このような悩みの背後には、愛しているのなら性欲を感じるのが当然、つまりそれが自然なことのはずなのに、そうならないのはおかしい。
ゆえにそれを愛情の欠如や、あるいはその愛情を引き出す性的な魅力の欠如などに原因を求めることになったのではないかと考えられます。

しかし江戸時代の性事情からも分かりますように、愛情と性欲とは必ずリンクするものではなく、そのような信念は明治期に推奨されるようになったものに過ぎません。
ですから上述の悩みは、本来悩まなくも良いはずのことを問題視しているということになりますが、そのように考えてしまうのも明治期に生まれた国家や知識人による啓蒙的な思想が、「そうあるべき」という理念を通り越して、正常な人間なら当然生じるはずのことという本能のように誤解されてしまっているためと考えられます。

補足)ちなみに日本では法律上、性行為は婚姻関係にある者の場合は互いにその義務を負う(民法770条1項5号)とのことで、こちらについても正直驚くと共に、詳しい事情は定かではありませんが個人的に国家の人口統制の影響力を感じました。

身体を利用した統制の恐ろしさ

これが性をはじめとした身体を利用した統制の恐ろしさです。
単なる理念に過ぎなかったはずのことが、長年多くの人に共有され続けることで、いつしか正常・異常の判別手段に置き換わり、そうなれば個々人がその自覚なしに統制を強化していくと共に根拠のない偏見を生み出すのですから。

そしてその最たるものの一つが異性愛を正常とみなす信念です。
ですがフーコーが指摘した歴史が示すように、そのような信念は元々は人口をコントロールするために広められたアイディアに過ぎないものです。
恐らく他にも本来理念に過ぎなかったものを人間としての本能と錯覚していることがあるはずです。

上野千鶴子著『〈おんな〉の思想-私たちは、あなたを忘れない』集英社文庫

上野千鶴子著『おんなの思想』

このページの上部へ

カウンセラー プロフィール

田尻健二
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のエントリー

  1. 自己愛的な人が感情を持たない冷酷な人間との印象を与えるのは誇大モードにある時だけ〜自己愛講座37
  2. 共依存的な関係にあるDVの被害者のニーズの1つは「加害者を変えたい」というもの
  3. 共依存的なDVの被害者は、関係を断つためには加害者の許可が必要と考えている人が多い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』を例に
  4. 弁証法的行動療法におけるマインドフルネスと、一般に広まるリフレッシュ法としてのマインドフルネスとの比較
  5. 私説:リハネンが開発した弁証法的行動療法におけるマインドフルネスの技法と効果
  6. サイコパス(反社会性パーソナリティ)と自己愛性パーソナリティの共通点と相違点
  7. 境界性パーソナリティの人の、周囲の評価を二分する傾向〜ドラマ『きみが心に棲みついた』と私の実体験を例に
  8. 境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴の違い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に
  9. 境界性パーソナリティの「見捨てられ不安」の特徴〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に、自己愛性パーソナリティと比較
  10. スプリッティングは衝動的な行動や絶対服従的な態度を誘発してしまう〜『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に

全ての記事一覧を見る

カテゴリ




このHPとは異なる情報をFBページにも投稿しておりますので、こちらもフォローしていただけますと嬉しいです↓

最近のピクチャ

  • マーシャ・M. リネハン著『弁証法的行動療法実践マニュアル』