10423338_660480230700709_58030714_n.jpg


ドラマ・映画・小説・漫画などの心理分析 一覧


今回の記事はまたドラマ『きみが心に棲みついた』の考察に戻ります。
現実社会で生じている事例にも参考になる展開が見られたためです。

星名と決別するために、その星名の無理難題を聞き入れる今日子

今回参考にするのは、主人公の今日子が交際相手の吉崎に、仕事と嘘をついて元彼の星名とデートをし彼のマンションまで行き、後ほどそのことが吉崎にバレて別れを切り出されることになってしまった第8話から9話にかけての出来事です。

このような事態になってしまったのも、星名から「最後に1日デートで付き合ってくれたら、もう関わらないと約束する」旨のこと言われ、その要望に従ったためです。
しかしこれらのシーンを見て「そんな無理難題を聞き入れる必要はないはず」、あるいはこれまでの星名の言動から「そんな口約束は信じられない」などと思われた方もいらっしゃるのはないでしょうか。

支援を受けてもDVの加害者から逃れられないケースでは、共依存がその一因

実はこの今日子と似たような思考あるいは行動のパターンが、DVの被害者の方によく見受けられます。

DVの被害者の方が何らかの理由から加害者の元を離れたいと思っても離れられない場合に最初に支援を求めるのは、多くの場合カウンセリングサービスではなく警察や自治体の機関、あるいは法律相談やシェルターなど民間の支援団体のようです。
ですからDVの相談で私のカウンセリングルームを訪れる方の多くは、それらの支援が役立たなかった場合です。

そしてその支援が役立たなかった理由の典型が「支援の内容が加害者から引き離すこと」のみであることへの不満です。

※この不満の内容からも、支援を受けてもDVの加害者から逃れられないケースでは、共依存がその一因となっていることが推測できます。

補足)考察対象を明確にする目的で、加害者・被害者という用語を使用しています。

共依存的なDVの被害者は、関係を断つためには加害者の許可が必要と考えている人が多い

そこで相談者の方から詳しくお話を伺うと、前述のような不満を感じていらっしゃるのは、離れることを相手が許すはずがなく、したがってその許されるはずがないことを無理やり実行することを促すような支援では役立たないとお考えであることが分かってきます。

つまりこのようなDVのケースでは、加害者の方は別れるためには加害者の許可が必要であるかのように考えていらっしゃることが推測され、この点が冒頭で紹介したドラマ『きみが心に棲みついた』の今日子の星名に対する態度と似ています。
今日子も星名から離れるためには、その星名に納得してもらうために、星名のいうことを「何でも」聞かなければならないと考えているようだからです。

主体性の乏しさが相手に容易に支配される一因になっている

また両ケースから感じられるのは主体性の乏しさです。

自分の意思が存在しないか、もしくはあっても相手の意思ほどは価値がないものと思っていると、常に相手の欲求の方が優先されることになり、どんなに苦痛なことでも渋々それに従うことになってしまいます。
この点は、大学生の時にビデオで撮影された行為や、ファッションショーの出来事など、これまでの今日子の人生にかなり当てはまるのではないでしょうか。

主体性の乏しさが改善しないと、いずれまたDVの被害に遭う可能性がある

以上の考察から、DVでは、もちろん加害者に一番の問題があるとしても、被害者の方も、いつまでも主体性が乏しいままではDVのターゲットにされやすい状態が続くため、またいずれ同じような被害に遭ってしまう可能性があると考えています。
こうした方々に必要なのは、少なくても容易に他人に支配されない程度に自己主張できる主体性を身につけることです。


今回は「境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴の違い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に」の最後に予告した、境界性パーソナリティの特徴の1つとして知られる周囲の人の評価を二分する傾向について、これまで同様ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理に加えて、私自身のプライベートでの経験も元に考察致します。

精神科医療の現場に対立関係を生み出すことで知られる境界性パーソナリティ

以前に紹介した『パーソナリティ障害の診断と治療』によれば、境界性パーソナリティの人は精神科医療の現場において、スタッフの評価を真っ二つにして対立関係を生み出すことが知られているそうです。

精神科のスタッフ(医師や看護師など)は、専門的な知識を有しトレーニングを受けた国家資格有資格者です。
そのような専門家集団が冷静な判断力を失い、治療方針を巡って意見が真っ二つに割れてしまうことから、精神科での治療が必要な重症域の境界性パーソナリティの人は、他人を巻き込む相当な力を持っていることが推測されます。

さらにその巻き込み方には、治療方針を巡る考えを真っ二つに切り裂いてしまうことから推測されますように、相手によって違う作用をもたらす性質のものであることも分かります。
(単なる意見の相違レベルではなく、険悪な関係を作り出すそうです)

この境界性パーソナリティの人の、他人の感情を激しく揺さぶる現象は神秘的ですらあるのですが、それでも要因を想定してみるのが今回の記事の目的です。
ですから今回の内容は一般論とは言い難く、多分に私見に満ちたものであることをお断りさせていただきます。

境界性パーソナリティの人に対する2つの大きく異なる印象

あくまで私見ですが、境界性パーソナリティの人を取り巻く人々の間に、非常に対照的な感情が呼び覚まされるのは、周囲の人がそれぞれ境界性パーソナリティの人に対してまったく別の印象を抱き、それに反応しているからではないかと考えられます。
そしてその側面は主に次の2つに大別できます。

大人としての常識を欠いた未熟さへの嫌悪感

1つめはドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公である今日子の様子からも伝わってきますように、大人でありながらも、どこか子供のような未熟な印象を与えることへの反応です。
その印象は具体的には、周囲の人に次のような解釈を生み出すと考えられます。

・感情の起伏が激しい→感情のコントロールができない
・天真爛漫→他人の迷惑を顧みない(自己中心的)、常識の欠如
・批判に非常に弱い→ストレス耐性の欠如

こうした解釈が、境界性パーソナリティの人を、社会人としての常識を著しく欠いた人物とみなし問題視する傾向を生み出しているのではないかと考えられます。
また総じて世間の境界性パーソナリティの人に対する印象が芳しくないことから、大部分の人がこれらに近い印象を抱いているのではないかと推測されます。

純真無垢な子供のような部分への共感

その一方で数としては少数と考えられますが、前述の人々とはまったく異なる反応を示す人々は、否定的な反応を示す人々と同じような点を認知しても、次のようにまったく異なる解釈をしている可能性が考えられます。

・感情の起伏が激しい→感情が豊か
・天真爛漫→子供のような純真な心を忘れていない
・批判に非常に弱い→感情を素直に表現できる

これらの解釈の内容は、いずれも感情や感覚を重視する心理学や芸術的な分野では、むしろ必要な資質とさえ考えられているのではないでしょうか。

境界性パーソナリティの人への反応の違いは、理性重視と感情重視の違いとも言える

このように考えますと、境界性パーソナリティの人に対してネガティブな印象を抱く人は、総じて思考や理性を重んじるタイプの人で、反対に同情したりポジティブな印象を抱く人は感情や感覚に価値を置くタイプの人と考えることもできます。

ドラマ『きみが心に棲みついた』に見られる他者評価の大きなズレ

このような境界性パーソナリティの人の他者評価を二分する傾向は、ドラマ『きみが心に棲みついた』では、3話あたりでの主人公に対する印象が、瀬戸朝香演じるデザイナーと他の同僚との間で一時的に対立したシーンくらいであり、それほど強調されてはいません。
(ただし視聴者の間では相当評価が分かれているようです)

また他者評価の大きな違いは、星名に対する吉崎とムロツヨシさん演じる漫画家の評価にも表れていますが、こちらはサイコパスと想定されている星名の本性を見抜いているか否かの違いと想定されるため、境界性パーソナリティの人とは作用機序が異なると考えられます。

補足)ただし私自身は星名がサイコパスであるとの確信が持てずにいます。

私が経験した境界性パーソナリティの人が生み出す対立構造

そこでドラマとは違い、現実にはどれほど奇妙なことが生じるのかを示す例として、私の経験談をお話致します。

カウンセリングの仕事を始めて間もない頃に、コーチングなど他の心理系の職種の人も含まれた会合に出席していた時のことです。
一人だけ2時間以上も遅刻して来た人がいたのですが、驚いたことにその人は申し訳なさそうな素振りを一切見せず、むしろ自分が遅れて来たのは案内の仕方が悪いからだと攻撃的な態度を露わにしました。
まだ遅刻して来たことを非難される前からです。

注)このような態度も、境界性パーソナリティの人に特徴的な専守防衛の態度として知られていますが、それについては別の機会に詳述致します。

それを聞いた私は、遅れて来ておいていきなり怒り出すなんて、何て身勝手な人なんだと思いましたが、驚いたことに進行役の人がその人の言い分を当然のように聞き入れ謝罪しました。
他の人は間違えず時間通り来ているのですから、案内の仕方に特に問題があったわけではないにもかかわらずです。

続いてその人は力関係で優位に立ったことを確信したのか、会合のテーマとはまったく関係のない話を持ち出し、そのことで別の参加者の人を一方的に罵倒し始めましたが、驚いたことにそれについても見解(反応)が分かれました。
ですから人前で罵倒され続けているその人が気の毒でなりませんでした。
(ちなみに、そのターゲットにされた方の普段の評判は決して悪いものではありません)

さらにその会合では企画を発表する場が設けられ、私もそのプレゼンターの一人でしたが、周到な準備をして臨んだつもりの私の案は細かい点までチェックされ結果不採用となったのに対して、遅刻して来た人の案は「こんなことをしてみたい」という大雑把な内容を数十秒話しただけで、あとは自分は忙しいので他の人に考えて欲しいという(私から見れば、いい加減な内容や態度の)ものでしたが、その案は二つ返事で採用されました。

以上の話は私から見たものですので、客観的と言えるものではありません。
しかし突然周囲の人の間に対立関係を生み出すという不思議な現象の具体例として提示させていただきました。
ここに集まっていた人々は、普段から対立しているような間柄では全然なかったのですから。

以上のように境界性パーソナリティの人が作り出す人間関係の対立構造は神秘に満ちているため、精神分析の文献には作用機序に関する仮説は提示せずに、単に心の中のスプリッティング(分裂)を外の世界にも作り出す人と記述されていることがほとんどです。

境界性パーソナリティの心理 引用・参考文献

ナンシー・マックウィリアムズ著「パーソナリティ障害の診断と治療」、創元社、2005年
G.O. ギャバード著『精神力動的精神医学―その臨床実践「DSM‐4版」〈3〉臨床編 2軸障害』、岩崎学術出版社、1997年


今回は先延ばしになっていました「『きみが心に棲みついた』は境界性パーソナリティの心理を巧みに描いたドラマ〜スプリッティング編」の最後で告知した、主人公の今日子の星名や吉崎に対する気持ちが目まぐるしく変化する理由を、境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の仕方の違いという形で考察します。

自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴

冒頭のリンク先の記事でも触れましたように、私は境界性パーソナリティを自己愛性パーソナリティの特徴を有し、かつ心がより不安定な状態と認識しています。
このため、その心の不安定さが自己愛性パーソナリティとは異なる境界性パーソナリティ特有の心理状態を作り出していると考えています。
ですから先ずはベースとなる自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴から記述致します。

特徴その1〜極度に理想化された特定の人のみに関心が集中し、二人だけの(空想)世界に浸る

自己愛性パーソナリティの人には自己愛講座8でも取り上げた「理想化-価値下げ」と呼ばれる防衛機制が非常に強く働いていると考えられます。
「理想化-価値下げ」とは誰かや何かを極端に理想化したり、その反対に極端に過小評価する心の働きです。

このため自己愛性パーソナリティの人の対人依存は、特定の誰かを過度に理想化し、その人のみに関心が集中するという形を取りやすくなります。
極端な場合は理想化された相手との関係のみがこの世で唯一価値あるものと感じられ、完全に二人だけの(空想)世界に浸るようなケースも生じます。
ですからストーカー行為に及ぶ人の典型は、この自己愛性パーソナリティの重症域の人と考えられています。

特徴その2〜特定の人への対人依存状態が、かなりの程度持続する

また自己愛性パーソナリティの対人依存で生じているのは、相手との現実的な関わりではなく自分の理想像(心の中の美化された相手のイメージ)との関係、つまり空想上の関係であるため、空想から現実に目覚めるまでの間は、その依存状態が延々と続くことになります。

このためストーカー行為が執拗に繰り返されるのも同様の理由からと考えられます。
空想に浸っている間は現実が目に入らないか、仮に一瞬気づいたとしても、それが意に反するものであれば「何かの間違い」として無視されるためです。

以上のように自己愛性パーソナリティの対人依存は特定の人に集中し、かつそれが持続するという特徴を有しています。

境界性パーソナリティの対人依存の特徴

それに対して境界性パーソナリティの人の対人依存は『きみが心に棲みついた』の主人公の今日子の例が示すように、自己愛性パーソナリティの対人依存とは大きく異なっています。
今日子の対人依存は特定の人に集中したりはせず、常に星名と吉崎の間を行ったり来たりしています。またそれゆえ持続性もありません。

境界性パーソナリティの人の対人依存にこのような違いが生じるのは、これまでの『きみが心に棲みついた』に基づく3つの記事「『きみが心に棲みついた』は境界性パーソナリティの心理を巧みに描いたドラマ〜スプリッティング編」「スプリッティングは衝動的な行動や絶対服従的な態度を誘発してしまう〜『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に」「境界性パーソナリティの「見捨てられ不安」の特徴〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に、自己愛性パーソナリティと比較」でも取り上げたスプリッティングと呼ばれる防衛機制の影響が大きいと考えられます。

その1〜スプリッティングが同じ人の印象をコロコロと変えてしまう

スプリッティングとは心の中に例えば「何かをしたい」「しかしそれは許されない」というような相容れない事柄が生じると、その葛藤の苦しみから逃れるために2つの事柄を心の中で切り離してしまい一方だけが意識されるようになる防衛機制ですが、半ば自動的に作動するため当人はその働きに気づくことは困難です。
このためスプリッティングが働けば働くほど、その人の心はどんどん分断され断片化されていくことになります。

しかしこの世に完璧な人間など存在しませんから、誰でも矛盾した側面をそれなりに心の中に有しています。
ところがスプリッティングが働くような人はその矛盾(完璧な一貫性が欠如した状態)に耐えられないため、相手の印象を好ましい側面と嫌な側面とに分断してしまい、その時々で片方の印象だけを意識するようになります。
つまり同じ人の印象が出来事に過剰に反応して天使と悪魔ほどに極端に変わってしまうのです。

その2〜スプリッティングが理想化の持続を阻む

この同じ人に対する印象の激変が、自己愛性パーソナリティと同じく他人を極端に理想化したり蔑んだりする傾向を有しながらも、境界性パーソナリティではそれが持続しない要因ではないかと考えられます。

その3〜恋愛依存やセックス依存に陥ることもある

また他人を理想化しやすいにもかかわらず、それが持続しないため、複数の人をその度に理想化するということも起こり得ます。

『きみが心に棲みついた』の主人公は理想化対象が2人だけですが、もっと多いケースも存在し、極端な場合は寂しさや不安などを感じる度に誰でも良いから近くにいる人が理想化され、その人との親密な関係を即座に求めるようになります。
恋愛依存*セックス依存*と呼ばれる状態がその典型です。

*ただしこれらの依存行為が問題視されるのは、あくまで近代以降に確立された西洋の価値観に照らしてのことです。

『きみが心に棲みついた』の主人公も人数は絞られていますが、吉崎に対して一目惚れに近い状態でしたので、恋愛依存の傾向もあるのではないかと考えられます。

以上が特に星名と吉崎に対する今日子の一貫性を著しく欠いた言動に関する心理分析と、それを例とした境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴の違いです。

最後にこのような今日子の一貫性を欠いた言動に対して、それを計算尽くのしたたかさと感じる人もいれば、子供のような未熟さや無邪気さを感じる人もいらっしゃるかと思います。

こうしたクセのある性格の人が登場するドラマは賛否両論を引き起こす傾向が多分にありますが、実は境界性パーソナリティの特徴の1つとして周囲の人の評価を二分する傾向が指摘されています。
次回の『きみが心に棲みついた』に関する記事では、その要因を考察したいと考えています。

このページの上部へ

カウンセラー プロフィール

田尻健二
保有資格:
産業カウンセラー
米国NLP協会TM認定NLPマスタープラクティショナー
プロフィール詳細


サイト内検索

最近のエントリー

  1. 自己愛的な人が感情を持たない冷酷な人間との印象を与えるのは誇大モードにある時だけ〜自己愛講座37
  2. 共依存的な関係にあるDVの被害者のニーズの1つは「加害者を変えたい」というもの
  3. 共依存的なDVの被害者は、関係を断つためには加害者の許可が必要と考えている人が多い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』を例に
  4. 弁証法的行動療法におけるマインドフルネスと、一般に広まるリフレッシュ法としてのマインドフルネスとの比較
  5. 私説:リハネンが開発した弁証法的行動療法におけるマインドフルネスの技法と効果
  6. サイコパス(反社会性パーソナリティ)と自己愛性パーソナリティの共通点と相違点
  7. 境界性パーソナリティの人の、周囲の評価を二分する傾向〜ドラマ『きみが心に棲みついた』と私の実体験を例に
  8. 境界性パーソナリティと自己愛性パーソナリティの対人依存の特徴の違い〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に
  9. 境界性パーソナリティの「見捨てられ不安」の特徴〜ドラマ『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に、自己愛性パーソナリティと比較
  10. スプリッティングは衝動的な行動や絶対服従的な態度を誘発してしまう〜『きみが心に棲みついた』の主人公の心理を例に

全ての記事一覧を見る

カテゴリ




このHPとは異なる情報をFBページにも投稿しておりますので、こちらもフォローしていただけますと嬉しいです↓

最近のピクチャ

  • マーシャ・M. リネハン著『弁証法的行動療法実践マニュアル』